英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~補講(接続詞)

投稿日:

受験生の皆さんはセンターリサーチが返却されている時期だと思いますが、目標にしていた点数はクリアできたでしょうか。
国語の古文など易しくなったと思われるものもありますが、全体としての難度はほぼ昨年並みなのではないかと思います。
上位層の人ならともかく、現実的にはなかなかセンター試験で私立大学に合格するのは難しいところですが、皆さんが合格していることを祈っています。

さて、この投稿の初めに指摘したところですが、実はこの素晴らしい教材には接続詞という単元がありません。(投稿の初回に指摘した通り分詞構文で軽く触れています。)
そこで、次の分詞構文に入る前に接続詞について軽く触れておきたいと思います。
分詞構文を学習するうえで接続詞の仕組みをきちんと理解しておくことは欠かせないと考えられるからです。
等位接続詞・従位(従属)接続詞といった接続詞での用法の違いももちろん重要ですが、とりわけ重要なのは接続詞と前置詞の構造上の識別ではないでしょうか。
高校入試の問題でも出題される可能性がある書き換え問題を例にして考えてみましょう。

次のふたつの文章が同じ内容になるよう書き換えられるでしょうか。
①We went to the zoo while he was staying in Japan.
②We went to the zoo ( ) his stay in Japan.
構造上の違いをきちんと認識したうえで正解して欲しい問題です。なんとなく単語の意味から解答を出すだけでは高校英語で苦しむことになります。
①の文章でイタリック体にした「while」の品詞は接続詞です。まずここを確認しておいてください。
そして、英語の接続詞では、特に従位接続詞ですが、接続詞のまとめる節内には原則として「S+V」がなければならないというのがルールです。
①の文章で言うと「S=he」で「V=was staying」です。
そこで②の文章を見てみると、こちらでも「stay」が使われていますが、所有格「his」の後ろにあるので「stay」の品詞は名詞ということになります。
したがって、接続詞を入れてはならない構造ということになります。
名詞を中心とした語句をまとめられるのは何かとう言うと、英語では前置詞になります。つまり()には前置詞を入れればいいという結論が出ます。
この構造上の違いは明確に理解しておきたいところです。
例えば「while his stay in Japan」というのは日本語的に意味が通じそうでも、英語の構造上は間違いということになりますね。

まとめておきましょう。
 ・(従位)接続詞⇒接続詞のまとめる節内には主語と動詞がある
 ・前置詞⇒後ろに来るものは(代)名詞または動名詞
このルールをきちんと守って設問に取り組むようにしていけば、文法上の構造を理解したうえで解いているということが言えますね。
確認するためにぜひ問題演習をすることをおススメします。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~品詞

さてこれからは、実際に授業でこの教材を使用した例を用いて話を進めていきますね。 この教材は26講構成になっていて、初めの第0講は『品詞』です。 実はこの品詞という概念が相当に厄介なようで、今までの経験 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part3

ポストに投げ入れられたチラシにイラッとしながら片付けていましたが、とある宅配寿司のチラシを見て少々驚きました。 「新年のご注文は…」となっており、昨年末に年賀状の作成をしたのがつい昨日のような(少しオ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~終わりに

2月に入ってしばらく経過し、受験生にとってはある程度入試本番を体感できている時期かと思います。 私立大学の入試は3科目というところが多いとは思いますが、各科目間のそれなりに長いインターバルの過ごし方は …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part2

こんにちは。 12月に入ったところですが、今から寒い日が続きますね。本格的に寒くなるのはもう少し後と思うとゾッとします。 例年よりも寒い気がしますが気のせいでしょうか。 高校は定期テスト真っ只中という …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞構文 Part2

来週あたりから大学入試が本格化する時期ですね。 女子大や医学部などは1月の下旬から試験が始まるところがあり、私が担当している生徒さんたちでも受験が始まっている場合もあります。 週末になると寒波が押し寄 …