英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~関係代名詞 Part4

投稿日:

時期柄どうしてもセンター試験の話題が続いてしまうのですが、雪が多い地域は今年も大変そうです。
雪がほとんど降らない場所でしか生活したことがないので想像でしか話ができず失礼ではありますが、試験に影響が出ないことを祈るのみです。
記憶が正しければ、横浜でも2013年の1月は毎週のように土曜になると大雪で、受験生たちだけではなく自分も授業に行くのに困った記憶があります。
2014年の2月も結構な雪が降った記憶がありますが、去年はなっかたと思います。今年も大丈夫そうですが…

さて今回は、教材では『関係代名詞②』の部分です。
この章は「前置詞+関係代名詞」と「what」です。前者については関係副詞のところで再度扱わなければなりませんが、難しいところなのできちんとチェックしておきます。

早速「前置詞+関係代名詞」について見ていきましょう。典型的な例文ですが、この文はどうでしょうか。
 ①I know the house which he lives in.
ある程度理解できていれば特に問題なく「彼が住んでいる家」という日本語にはたどり着けると思われます。
ポイントは関係代名詞節の中にある動詞です。具体的には「lives」ですが、これは自動詞の仲間ですね。
つまり、以下の文章は間違いということになります。
 ②I know the house which he lives.
こう書いてしまうと関係代名詞「which」が「live」の目的語(目的格)としてはたらき、「live」が他動詞ということになってしまうからです。
ほとんどの「前置詞+関係代名詞」の構造は、このように関係代名詞節の動詞が自動詞で、その後に出てくる前置詞の目的語になっているというものです。
もう少し深入りして確認しておくと、前置詞+名詞となった場合には、形容詞または副詞のはたらきをするのが文型のところで学んだルールでした。
この点は、関係副詞を少し先取りする意味でもきちんと理解しておくのが望ましいです。

さて、話を①の正しい文章に戻しましょう。この文章では散々出てきた「前置詞+関係代名詞」の形にはなっていません。
もちろんこれでも正しい文章なのですが、英語には元々結びつきの強かったものをまとめて書くという文化があって、そこで登場するのが「前置詞+関係代名詞」の形です。
①を書き換えてみましょう。
 ③I know the house in which he lives.
関係代名詞「which」=「the house」なので、この「in which」という形は結局のところ「in the house」という元々の形を表しているに過ぎません。
関係代名詞節が非常に長くなってしまい、文末に前置詞があると構造的に気分が悪い様子であったり、前置詞を誤読されてしまったりすることがあるのを避けているとも言えます。

相変わらず関係代名詞の内容は難しいですよね。
今回もポイントが長くなってしまったので「what」については次回まとめることにします。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると ①慣用的な表現 ②過去の事柄に対する助動詞の表現 ということになります。 ①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってし …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part4

今回は教材の不定詞各単元に取り上げられていた共通ルールをまとめて見ておきます。 教材で取り上げられている共通ルールは、どれも重要なものなので必ず理解しておきたいところです。 具体的には  ①不定詞の意 …

no image

過去問演習のサポート[文教大学2014年度英語 Part1]

私立大学の一般的な入試はほとんど終了している時期になりました。 暖かくなったり寒くなったり、急に雨が降ったり、天候が安定せず過ごしにくいかと思いますので、一層健康には注意したいですね。 受験生ではない …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~仮定法 Part2

私事ですが、先日身内に不幸がありました。 あまりに急なことだったので、衝撃を隠せないのですが、人生本当に何があるかわかりません。 これを読んでいただいている方々にとって、その時間がいかに貴重なものであ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~受動態

11月も半ばを過ぎ、一般入試を受験する受験生たちはそろそろ志望大学も決まってきたことかと思います。 併願校を決めるのは確かにいろいろな点で難しいですが、日程面で無理のない受験プランを立てられるといいで …