英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part4

投稿日:

今回は教材の不定詞各単元に取り上げられていた共通ルールをまとめて見ておきます。
教材で取り上げられている共通ルールは、どれも重要なものなので必ず理解しておきたいところです。
具体的には
 ①不定詞の意味上の主語
 ②不定詞の完了形
 ③不定詞の否定形
です。それぞれ理解するうえでのポイントを軽くチェックしますが、②は特にきちんと学校の授業などをきちんと聞いて理解してもらいたい重要なところです。
教材を熟読し、さらに英語の先生の説明をしっかり聞き、問題演習をしておきましょう。

まずは①からです。不定詞の意味上の主語というとほとんどの皆さんは「It is ~ for… to do」の構文を思い浮かべることと思います。
もちろんこの「for…」の部分がまさに不定詞の意味上の主語なのですが、不定詞の意味上の主語というものはこの構文に限ったことではないということを押さえておきましょう。
今の構文での不定詞の用法は分かるでしょうか。今までの内容を押さえていれば分かるかと思いますが、そう、名詞的用法です。
共通ルールということは、形容詞的用法にも、副詞的用法にも意味上の主語が存在するということになります。
そして形も「for…」で共通です。きちんと文章を見て確認しておきましょう。

次に②です。不定詞の基本形と言えば「to+動詞の原形」ですね。ということはこの形には時制という考えが存在しないことになります。
不定詞の部分を内容的に過去の内容で書きたい場合にはどうすればいいのか。そこで存在するのが不定詞の完了形です。
もちろん不定詞の完了形には他の内容を表す場合もありますが、原則『述語動詞よりもひとつ前の時制を表す』と理解しておくとよいでしょう。
例えばよくある例文ですが、
 (1)He seems to be sick.
 (2)He seems to have been sick.
 (3)He seemed to be sick.
(4)He seemed to have been sick.
以上の内容の違いは分かるでしょうか。接続詞「that」を用いた表現に書き換えて確認しておくのがよいと思われます。ぜひ考えてみてください。

最後に③です。これはセンター試験などの選択問題や整序問題などでよく出題される形です。
ポイントとしては「not(never)」を置く位置です。しっかり確認しておきましょう。
これでひとまず不定詞の基本は終了ですが、それほど簡単に終わる単元ではありません。他にも重要な表現があります。
そう聞くと嫌になってしまいそうですが、ひとつひとつ片付けていくことが何より大切です。
自分にも経験がありますが、夏休みの宿題と同じで、まとめてしまうから大変になるのです。
学習し初めのうちから計画的に着実に進めていくのが理想です。そうはいいっても、なかなか計画を立てるのは難しいものです。
そんな時はいつでもわれわれを頼ってください。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると ①慣用的な表現 ②過去の事柄に対する助動詞の表現 ということになります。 ①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってし …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part1

今回は時制についてのポイントを紹介していきましょう。 大岩先生の教材では時制は2回にわかれています。1回目には『現在形・過去形・大過去・未来・進行形』が取り上げられています。 なかなか素敵な分類です。 …

no image

過去問演習のサポート[文教大学2014年度英語 Part1]

私立大学の一般的な入試はほとんど終了している時期になりました。 暖かくなったり寒くなったり、急に雨が降ったり、天候が安定せず過ごしにくいかと思いますので、一層健康には注意したいですね。 受験生ではない …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~動詞 Part1

さて、品詞については理解できたでしょうか。 次の第1講はついおろそかになりがちなbe動詞と一般動詞についてです。 今後も原則的には教材の順序にそって進めていきますが、実際の授業で一部順序を入れ変えたと …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~比較 Part1

とうとう2月になりましたね。 中学入試が本格的に始まり、中高一貫校の生徒さんたちは楽しい(?)試験休みを過ごしていることかと思います。 私が担当している生徒さんもお休みを利用して、お台場のジョイポリス …