英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part3

投稿日:

ポストに投げ入れられたチラシにイラッとしながら片付けていましたが、とある宅配寿司のチラシを見て少々驚きました。
「新年のご注文は…」となっており、昨年末に年賀状の作成をしたのがつい昨日のような(少しオーバーですが)感覚だったもので、月日の経つ早さを感じています。
去年の受験生たちももう大学に入学して初の新年を迎えようとしているのです。
皆さんにとってのこの1年はどうだったでしょうか。
早く過ぎたと感じている人たちには、計画をきちんと立てて、学習に取り組むことの大切さが分かるのではないでしょうか。

今回は不定詞の副詞的用法についてのポイントです。
教材ではあの厄介な原形不定詞についても取り上げられています。原形不定詞は特に入試頻出ですから、じっくり取り組むといいでしょう。
まずは不定詞恒例ともなった品詞の確認をしておきましょう。
副詞とは何か理解できていますか?
英語の形容詞は日本語と違って下に来るもので活用することがないので、形容詞と副詞をきちんと区別しておく必要があります。
例えば日本語で「美しく」は形容詞の連用形ですが、英語で「beautifully」は意味は「美しく」であっても品詞は副詞です。

副詞的用法には用法がたくさんありますね。皆さんがよく知っているのは「目的」でしょうか。
あるいは中学生の時に熟語的に覚えてしまった「(感情の)原因」でしょうか。
他にもたくさん用法があって大変ですが、共通しているのはあくまで「副詞」の用法だということです。
副詞が修飾するものは何でしたか?きちんと答えられたでしょうか。
副詞は修飾語句ですから、極端な話で言うと、なくても意味は通じる部分です。
あくまでも表現を豊かなものにするための内容なので、用法もその趣旨にかなっていると言えますね。
品詞の性質を考えながら英文を読む、書く、ということは非常に有効な学習手段になりえます。
せっっかく英語の基本ルールである英文法を学習するのですから、きちんと意識して英文を読み、そして書くように心がけていくといいでしょう。

さて、もうひとつのポイントです。原形不定詞ですね。
これは今までの英語の基本ルールを覆すシロモノです。どういうことかと言うと、よく見かける文章ですが、
I saw him enter the room.
という文章が正しいというものです。一文に動詞はひとつでしたね。しかし、この文には動詞がふたつある。
イタリック体の部分が動詞ですが、ここに出てくる動詞が『知覚動詞』と『使役動詞』というグループに属する場合は、一文に動詞はひとつのルールを外れてしまうことがあります。
知覚動詞、使役動詞はそれほど数が多くないので、きちんと押さえておきましょう。
少し基本レベルを越えてしまいますが、高校生たちがよく間違えるのは、例えば「force」「get」などを使役動詞に分類してしまうことです。
確かに意味は使役になりますが、用法は使役動詞のグループではない。
あくまで使役動詞は「make」「have」「let」だけだという初めの説明をきちんと押さえておきましょう。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~関係副詞

こんにちは。寒い日が続きますね。 受験生の皆さんはセンター試験が終わり、自己採点を終え、リサーチも提出したでしょうか。 体調不良などなく受験できていれば幸いですが、常にベストの状態で臨むのはなかなか難 …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅴ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ついに9月、響は秋というところでしょうが、ここ最近は9月になっても連日30℃越えということも珍しくなく、残暑というよりは夏の続き、夏が延びたという印象ですね。気候学者 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part2

さて、今回は完了時制のポイントに入りたいと思います。 前回の時制のところで触れた「直線」の時間を表すのが、完了時制です。では、ポイントをまとめましょう。 ①現在完了:過去から現在までのつながりのある時 …

no image

過去問演習のサポート[文教大学-英語]

そろそろ大学受験の結果も出始めている時期ですね。 今年も様々な生徒さんとの出会いがありましたが、その中で扱った過去問演習から今後の受験生たちのために参考になればと考え、しばらくシリーズとして投稿を続け …

no image

過去問演習のサポート[文教大学2013年度英語 Part2]

3月になりました。 各受験の合格発表もそろそろ出揃い、卒業シーズンになりました。 新中学生、新高校生、新大学生、新社会人と置かれている状況は異なりますが、それぞれの状況での準備が必要かと思います。 ま …