英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part1

投稿日:

さて、教材にそって進めていきましょう。
今回は助動詞です。助動詞という単元はどうしても知識単元になってしまいがちです。
それぞれの助動詞を覚え、その助動詞の意味を覚えなければなりませんから。しかも、ひとつの助動詞に意味がひとつだったら幸せなのですが、そうもいきません。
助動詞やその意味は教材にしっかりまとめられているので、ここでは違うポイントに注目していこうと思います。

まずは、助動詞が出てくると必ずついて回る事柄からです。
助動詞は動詞の前に置いて使い、動詞の形は主語や時制にかかわらず必ず原形になるのでしたね。
ここから考えられることは何かというと、整序問題(並べ替え問題)で解答を出す際の手がかりになるということです。
言われてみればもっともなのですが、意外におかしな整序をしている受験生が多いのも事実です。
間違っても「助動詞+過去形」などというつなぎ方をしないようにしましょう。
選択問題や穴うめ問題でも当然このルールはチェックすべきなので、動詞の語形変化を問われている場合には十分注意してください。
私も含め英語を教える立場の人間からは、質の悪い英語を理解していない解答として認定されてしまいます。

次は助動詞の利用価値というか利用頻度についてです。
どういうことかと言いますと、私たちの日常会話やちょっとした文章(もちろん日本語で)を考えると、それを英文にする際に実は助動詞が必要な場面が数多くあるということです。
例えば、次のような何気ない会話です。

A:授業終わったらどうする?
B:そうだね、カラオケでも行かない?

日本語だとあまりにも意識することが少ないのですが、この会話は明らかに未来の話ですよね。
Bの発言などはただの疑問文というよりは、勧誘あるいは提案しているニュアンスでしょう。
こういうところで整序問題や、さらに進んで英作文となった場合には、どうしても助動詞のお世話にならなければなりません。
Bの発言は助動詞を使わなくても書けますが、それはさておき、古文の助動詞ほど接続やら用法やらが多くはないので、きちんと押さえておきたい単元です。
知識偏重になるため、授業をしていてもあまりおもしろくはないのが難点ですが。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

過去問演習のサポート[文教大学2014年度英語 Part2]

今日で国公立の前期試験が終了しました。 今後残っている入試はいわゆる2次募集的なものです。大学によっては「後期」「3月入試」などと名前をつけています。 どうしても第一志望にという受験生も多いですから、 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~動詞 Part2

さあ、今回は、第2講のbe動詞と一般動詞の否定文・疑問文についてのお話です。 前回のbe動詞と一般動詞の区別はできていますか?区別ができていないと否定文・疑問文で混乱して、混ざったような文章を書いてし …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~品詞

さてこれからは、実際に授業でこの教材を使用した例を用いて話を進めていきますね。 この教材は26講構成になっていて、初めの第0講は『品詞』です。 実はこの品詞という概念が相当に厄介なようで、今までの経験 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞 Part1

先日話に出したタブレットがようやく入荷しました。 新しい物は概ね軽量ですが、以前のものと比べても相当軽く、しかも薄いのでさらにカバンがスリムになりますね。 スペックも当然上昇しているので、使う自分がレ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞構文 Part2

来週あたりから大学入試が本格化する時期ですね。 女子大や医学部などは1月の下旬から試験が始まるところがあり、私が担当している生徒さんたちでも受験が始まっている場合もあります。 週末になると寒波が押し寄 …