文系数学 過去問

数学インプレッション 慶應義塾大(2015-商)前半

投稿日:

画面の前の皆様、お久しぶりでございます。
諸般の事情により長らくお休みしていたこのブログですが、やっとのことで復活にこぎつけました。
まだまだ移転作業が完璧には終わっておらず、お見苦しいところもあるかとは思いますが、ぼちぼちやっていきたいと思います。

火曜日は、『数学インプレッション』と題して、実際の大学入試の問題をガイドしていきます。
受験生の皆さんはそろそろ過去問に目を通さないと間に合わない時期になっています。
浪人生の方はともかく現役生はこの時期はまだまだ発展途上ですから、出来る出来ないではなく、これからの受験勉強の方針を確認する意味でも挑戦しましょう。
もちろん、数学だけではなく他の科目も同様です。

記念すべき復活一回目は、慶應義塾大学商学部(2015年度)です。
今週は、前半(概観編)です。設問の内容については、次週の後半(詳細編)をお待ち下さい。

1.受験概要

受験方式…一般入試A方式
受験科目…英語・数学・地歴
配点…英語200・数学100・地歴100

この受験方式の特徴は、数学と社会を併用する点です。
この科目構成になっている難関私大はありませんので、かなり珍しいですね。
B方式では「英語・地歴・論文テスト」という科目構成になっており、A方式は国立の併願向け、B方式は私大専願向けです。
偏差値だけをみればA方式はB方式よりも易しいですが、A方式を使える受験生の層は相当にレベルが高く、その中での偏差値であることを考慮に入れてください。
第一志望で数社が課されている受験生、もしくは、社会が得意な国立大学志望の受験生は相性が良いので選択肢に入るかもしれません。

2.大問外観

<全体像>
大問数…3
試験時間…70分

単純に計算すると、大問1つあたり23分です。
時間的には適量というところで、おそらくセンター試験と同じような感覚で良いでしょう。
平均点は50点くらいですので、それを念頭に置いて時間配分を調整しましょう。

<第1問>
単元…空間ベクトル、数列
形式…短答式(空所補充)
小問数…5

第1問は、私大によくあるタイプの問題です。
センター試験と同等程度の難度ですので、とまどうこともないでしょう。

<第2問>
単元…場合の数、確率、三角比
形式…短答式(空所補充)
小問数…2

第2問は、センター試験に似た問題です。
ですので、この問題もとまどうことなく取り組めると思います。

<第3問>
単元…微分
形式…短答式(空所補充)+論述式(グラフ)
小問数…2

第3問は、これは文章題です。なつかしいですね。
「数学って将来何に使うの?」という質問に対するカウンターパンチですね。
実際に大学に入学すれば、微分を使ってこのような計算をする機会は多いですから、それのお試しといったところでしょうか。

本日は以上です。
来週の後半(詳細編)もぜひお読み下さいませ。

-文系数学, 過去問

執筆者:

関連記事

no image

過去問演習のサポート[文教大学2013年度英語 Part2]

3月になりました。 各受験の合格発表もそろそろ出揃い、卒業シーズンになりました。 新中学生、新高校生、新大学生、新社会人と置かれている状況は異なりますが、それぞれの状況での準備が必要かと思います。 ま …

no image

過去問演習のサポート[文教大学-英語]

そろそろ大学受験の結果も出始めている時期ですね。 今年も様々な生徒さんとの出会いがありましたが、その中で扱った過去問演習から今後の受験生たちのために参考になればと考え、しばらくシリーズとして投稿を続け …

no image

数学インプレッション 玉川大(2015-全学統一)前半

こんにちは、ナンバー・ゼロです。 年が明けて2016年になりましたが、暖かくてちょっと拍子抜けです。 やはり吐く息が白くあるべきなのがこの時期ですから、ダウンのいらない暖かさは困ったものです。 火曜日 …

no image

数学インプレッション 立命館大(2015-全学統一・文系・2月2日)後半

こんにちは、ナンバー・ゼロです。 1月も終盤で、月が変われば私大受験が始まります。 受験生の皆様、準備の方はいかがでしょうか。 ここまでくれば後は気合、などとは申しませんが、勢いというものは大切です。 …

no image

2012年度 青山学院大学 文・教育人間科学部 英語

月日の経つのは早いもので、原稿を温めつづけているうちに3ヶ月近くになりました(汗) わざと眠らせていたわけではないのですが・・・作家先生の気持ちが垣間見えた気がします。 さて、今回は同じくAさんが受験 …