大学受験

赤本と青本

投稿日:

こんにちは。
夏に行われた模試も返ってきて、受験生の意識も変わってくる時期です。
このブログでも何回か触れていますが、受験生の皆さんはもう過去問を入手していますか?
まだという人は早めに買いそろえておきましょう。品薄になることが結構あります。
また、志望大学の過去問を机に積んでおくだけでもモチベーションが変わってきますから、書店に足を運んでみてください。

大学入試の過去問には、「赤本」「青本」が存在します。
黒本(河合)や白本(代ゼミ)、緑本(Z会)は今は主にセンター試験の問題集ですから、個別入試に関しては『赤or青』です。
今日はここで「赤本」と「青本」の違いを簡単に説明しておきたいと思います。

まずはメジャーな「赤本」から行きます。
「赤本」は教学社から出版されている大学入試の過去問集です。
おもな特徴としては、

・網羅している大学の数が多い。
・収録年数が多い。

の二つがあげられます。


次に「青本」です。
「青本」は駿台から出版されている大学入試の過去問集です。
主な特徴としては、

・一部の大学・学部のものしか存在しない。
・解説の質・量ともに優れている。

に二つがあげられます。
参考までに青本が出版されている大学・学部を列挙しておきます。

・旧七帝大(北海道・東北・東京・名古屋・京都・大阪・九州)
・難関国立大(一橋・東京工業・神戸)
・早稲田(政経・法・文化構想・文・教育・商・社学・各理工)
・慶應義塾(法・経済・理工・医)
・駿河台大学

志望大学の過去問集が赤本しか存在しない場合は、赤本を使うしかないわけですが、両方とも存在する場合はどうするべきでしょうか。
まず、青本は駿台のトップ講師が解説を担当しています。
難関大では問題自体が難しく、出来る限り詳しく親切な解説が欲しいわけですから、そういう意味で青本を信頼して間違いはないでしょう。
ただ、収録年数が少ないという弱点もありますので、そこを赤本でカバーするという使い分けがよいでしょう。
どちらにしても自身の目で見比べてみることをおすすめします。

今日はここまでです。
気がつけばセンターまでもう4ヶ月を切ってしまいました。
受験生はここからが勝負ですから、気を抜いたりあきらめたりせずに努力を重ねましょう。

それではまた。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

早稲田と慶応(その2)

今日は昨日の続きで、W合格のデータを読むときの“前提”について考えていきます。 まず大切なことは、早稲田と慶応とでは受験科目が異なる、という事実です。 正確に言うと、慶応文系学部の受験科目は一般的な私 …

no image

共通テストとは(Ⅴ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 本来であれば夏休みも始まっている時期ではありますが、緊急事態宣言による休校の影響でまだ夏休みが始まっていない学校もあるのではないでしょうか。私が担当しているある生徒さ …

no image

高2向け数学IAの復習(その3)

こんにちは。 昨日まで、高校2年生向けに「数学IAの復習」特集をお送りしました。 これで完結かなとも思っていたのですが、実は数学IAには単元選択があったことを失念していました。 ですので、第三弾として …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 9月も半ばに入り、色々な面で夏の影響や効果が出てきているのではないでしょうか。学習面でも、例年に比べて短いとはいえ、夏休みで何をしたかが今後の成績に反映されてきます。 …

no image

国立大学受験について:受験科目(文系編)

今日は、神奈川から通学できる範囲にある国公立大学の受験科目をまとめます。 国立では、1次試験(センター試験)と2次試験(個別試験)がありますが、センターの科目はどこもそう変わらないので、2次試験の科目 …