大学受験

英語の過去問分析

投稿日:

こんにちは。
今日は梅雨のぶり返しのような雨です。しとしと降っています。
現在水不足が懸念されていますから、それがこの雨で少しでも解消することを願ってやみません。

今日は大学受験生の過去問分析について触れたいと思います。
科目は“英語”です。文系でも理系でも必ず使う科目ですから、これを避けることは出来ないのです。
また、一言で“英語”と言っても、その内容はさまざまですからもう一歩踏み込むべきです。
今日は過去問を見るポイントをまとめておきます。

英語では、どの大学でも必ず長文は出題されます。
ですから、その他のことを考えなければならないわけですが、見るところは以下のとおりです。


1.英文の長さ
英文が長ければ時間配分が難しくなります。
また、速読の意識も高めておく必要が出てきます。
加えて、単語のレベルも重要です。ですが、これは見ただけではなかなか分からないでしょう。

2.記述の有無
記述は「和訳」と「英訳」の二つに大分出来るでしょう。
説明問題は和訳の範疇に入ります。
和訳では英語力に加え、日本語力も要求されますから、添削を受けることが必要でしょう。
これは英訳も同じで、答えが一通りでないところに難しさがあります。
添削は可能であれば複数の人にお願いしましょう。幅が広がるかもしれません。

もちろん、マークのみであれば話は別です。
単語の覚え方から変わって来ますので、注意しましょう。

3.リスニングの有無
これは単純で、リスニングがあるなら、必ず対策を始めましょう。
早ければ早いほどいいです。
どうしても耳が慣れてくるのを待たなければならないので。

んー、まあこのくらいでしょうか。
あまり深く研究しすぎても、勉強時間が無くなってしまいますから、本末転倒です。
また何か気がついたら追記しますが、みなさんも疑問点等あればコメント等お寄せください。

段々と涼しくなってきました。
夏はこの時間帯が最高なんですよね、散歩がとても気持ちいいので。
夕飯を買いに、ちょっと散歩に行ってきますか。

それではまた。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【センター試験】センターの現代文とは

高3生・既卒生ですと、そろそろセンター試験について考えている人も多いかと思います。 そこで、今日から数回に分け、『センターの現代文』の分析と解法をまとめます。 センターでは古文と漢文の対策が取りやすい …

no image

マーク模試のエッセンス(英語)

こんにちは。なんとなくですが暑さも落ち着いた感があり、過ごしやすくなってきました。 少しずつ秋に近づいていくのでしょうか、それとも・・・ 夏にはいくつか模試があり、高3生にかぎらず高1・2生でも受けて …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅱ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今年はどの学校も夏休みが短縮されているため、まだ始まったばかりだと感じていたら、もう休みが終わりなんて気持ちになっている生徒さんが多いのではないでしょうか。8月中に新 …

no image

夏休みにやっておきたいこと~古文編

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先週から少し間が空いてしまい、ひょっとしたら夏休みがすでに終了している学校もあるかと思います。夏休みが終了している場合は、「夏休みにやっておきたい」⇒「夏の間にやって …

no image

国公立2次試験倍率を見て

現在、国公立大学の2次試験倍率が発表されています。まだ確定ではありませんが、センター試験の難化と昨今の経済状況から、概ね予想通りの展開にはなっています。 まず、センター試験難化の影響で、最難関大学は志 …