テキスト

入試に出る 世界史B用語&問題2000

投稿日:

今週の教材は、Z会出版の「入試に出る 世界史B用語&問題2000」です。
この教材は一問一答形式の問題集です。
以前はそれほど選択肢はありませんでしたが、この10年ほどで一問一答のバリエーションもかなり増えました。
この教材はすでに地位を確立しているものの1つですので、信頼して使うことが出来るでしょう。
もちろんZ会ならではの工夫もありますので、一問一答の枠を越えて使えるものと思っています。

ご購入はこちらからどうぞ→入試に出る 世界史B 用語&問題2000 改訂第2版 / Z会出版


1.特徴
最近ではもはや当たり前ですが、入試問題を分析して、出題頻度が高いものを収録しています。
頻度は解答の後に○囲みの数字で表記してありますので、目安に使えるでしょう。

また、教科書の順番に沿っているわけではなく、地域別の構成になっています。
ですから、学校の授業用というよりも受験向けで、いくつかのグループに分けて学習すると効率がよいでしょう。

そしてこれが一番大きなポイントでしょうが、各ページに要点のまとめがあります。
流れや対立構造が図としてまとめられていますから、これは論述にも良いかもしれません。

2.長所
やはり「要点のまとめ」が最大の長所でしょう。
一問一答はミクロの視点ですが、歴史の把握にはマクロの視点が必要です。
隣に流れがまとめられていることによって自分がどの部分の用語を学習しているかがすぐに分かるので、全体を把握しやすくなるでしょう。
これによって、論述はもちろん、私立で良く出題される問題文の空所補充にも対応できるようになるはずです。

また、巻末の「難関大頻出用語」や「基本年代一覧」も便利に使えるでしょう。
年表は年号のまとめて確認するのに使いやすいです。(何だかんだ言って、年号は出ますのでね…)
「難関大頻出用語」は言うまでもないですが、やっておくに越したことはないです。

そしてそして、この教材はアプリになっています。
ですから、本とスマホのダブルで使うと効率が良いかもしれません。
本で覚えて、スマホで演習というスタイルでしょうか?
「スマホ要らない」という人もいるかもしれませんが、スマホですと自動的に間違った問題をまとめてくれますから、大変便利です。
偏見を持たずに、ぜひ試してみることをおすすめします。

3.短所
改めてみると良くできている教材だと思わされます。
一問一答でありながら、その他の要素も上手に取り入れてまとめています。
この教材を手に取った人が持つ疑問として「頻度の表記が解答の後で良いのか?」というものがあります。
この位置ですと、問題を解くまでその問題のレベルが分からないわけです。解答を見て初めて頻度が分かるので。
ですから、“再頻出のものだけ勉強したい”という希望を持つ人には向かないでしょう。

ただ、この教材の形式だと、自分で問題のレベルを区分できるようになるはずです。
それはそれで大切なことなので、使ってみる価値はあるでしょう。

結局短所ではないですね(笑)
そろそろこの項目名を変えた方がいいですかねぇ、それこそ「使用上の注意点」とかでしょうか?

今日はこれで終わりです。
高校野球の県予選も始まると、夏が来たことを実感します。
7月に入ったと思えば、もう7月も中旬ですから、本当に時間が経つのはあっという間です。
みなさんは貴重な夏休みを、意義のあるものに出来るよう工夫を凝らして下さい。
学生の時期というのは、そういう試行錯誤が許される時期ですから(^^)

それでは今週もよろしくお願いします。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数B第3章:数列]

昨日に続けて、今日も数研出版「4STEP」の変更点をみていきます。 八回目の今日は、数学Bの第3章「数列」です。 長らく続いた4STEPシリーズも、とりあえずは今日が最終回になります。 数列では大きな …

no image

ことばはちからダ!

今週の教材は、河合出版の「ことばはちからダ!現代文キーワード-入試現代文最重要キ-ワ-ド20-」です。 この教材は、入試現代文で使われる語彙について、重要なものをまとめたものです。 例えば「概念」や「 …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第5章:指数・対数関数]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 五回目の今日は、数学Ⅱの第5章「指数・対数関数」です。 今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。 ですが、今ま …

no image

数学I・A BASIC 100

今週の教材は、駿台文庫の「数学I・A BASIC 100」です。 これは新課程対応ですので、現在の高校1・2年生向けの教材になります。ご注意ください。 どのような教材かと言いますと、「短期間で数学ⅠA …

no image

黄色チャート

こんにちは。もうそろそろ9月も終わりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 これで1年も残すところ4分の1ですから、月日が経つのは本当にはやいものです。 先日、新課程版の黄色チャート(数学Ⅲ)を入 …