テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数B第1・2章:ベクトル]

投稿日:

久しぶりのシリーズになりますが、今日は数研出版「4STEP」の変更点をみていきます。
七回目の今日は、数学Bの第1・2章「平面上のベクトル」と「空間ベクトル」です。

数学Bは初回ですが、今までと変わらず、特に追加された単元や内容はありません。
ということは、あったとしてもかなり細かい変化になりますので、神経を使いそうです(–;)

旧課程と変わらず、ベクトルは重要な単元ですから、重点的に勉強しましょう。
ベクトルも数列も苦手、となると数学はなかなか厳しい科目になってしまいますからね。


第1章「平面上のベクトル」

まず、旧課程の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…35
STEP B(標準)…46
発展問題…3
=============
問題数合計…84

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…35
STEP B(標準)…46
発展問題…3
=============
問題数合計…84

問題数はぴったり同じですね。
ですが、全く同じ構成になっているわけではなく、単元の組み替えがありました。
具体的に言いますと、旧課程では“ベクトルと図形”という単元に含まれていた「三角形の面積」が“ベクトルの内積”という単元に移動しました。
他には特に変化はなさそうで、その結果、『順番が変わっただけで、内容は同じ』と言えそうです。

第2章「空間ベクトル」

まず、旧課程の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…27
STEP B(標準)…34
発展問題…7
=============
問題数合計…68

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…26
STEP B(標準)…31
発展問題…7
=============
問題数合計…65

問題数は若干減少です。
これは主に、旧課程の“空間の基本的図形”という単元がカットされているためです。
この単元は、空間の点の座標の表し方、つまり(x,y,z)に慣れるためのものだったのですが、無くなりました。
つまり、導入の問題が減ったわけですが、『ベクトル』の問題と考えたときには特に影響は無いでしょう。
単なる点の座標の表し方の練習であり、ベクトルの問題ではなかったわけですから。

その他は大きな変化はなく、無風地帯と言えそうです。
まあ教育課程上も特に変化はありませんでしたから、当然と言えば当然なのですが。

今日はこれで終わりです。
次回は最終回の「数列」です。
数列は教科書の内容と入試問題とでかなりの乖離があり、頭痛の種になっている単元です。
それを放っておくのは好ましくないはずですから、ここは何かしら変化がありそうです。
というわけで少し期待しています(^^)

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新旧「黄色チャート数学Ⅲ」の比較(その1)

先週予告しましたように、「黄色チャート数学Ⅲ」について新旧課程の比較をしてみたいと思います。 そろそろ数学Ⅲへ突入する高校2年生の方、ぜひ参考にしてくださいませ。 まずは問題数など、分量的な面で比較し …

no image

関正生の英文法POLARIS1 標準レベル

これからしばらく定期的に掲載していく予定の、テキスト紹介コーナー。共通テストまではあと2ヶ月半程度、私大入試まではあと3ヶ月程度という時期で、受験生の皆さんは学習をいかに効率よく進めるか、非常に悩んで …

no image

WIZ1900とターゲットの比較

こんにちは。 今日は英単語帳である「英単語 WIZ1900」と「英単語ターゲット1900」を比較してみたいと思います。 ここで何度か取り上げている「WIZ1900」は、生まれて1年もたっていない新しい …

no image

関正生の英語長文POLARIS1 標準レベル

引き続き「POLARISシリーズ」を取り上げていく、テキスト紹介コーナー。前回まで「英文法シリーズ」を取り上げていましたが、今回から「英語長文シリーズ」を取り上げていきます。英文法の「発展レベル」の対 …

no image

合格る計算 数学ⅠAⅡB

今週の教材は、文英堂の「合格る計算数学I・A・II・B 」です。 この教材は、計算練習用ではありますが、よくある計算練習用の教材とは趣が異なります。 それは“計算のテクニック”に重きを置いている点です …