時事問題

法科大学院の憂鬱

投稿日:

先日こんなニュースがありました。

島根大が法科大学院の募集停止 15年度、国立で初(共同通信)

これは、国立大学である島根大学が、法科大学院の募集を停止するというニュースです。
今まで私立大学ではいくつかこのような事例はありましたが、国立大学では初めてで、結構な衝撃です。
理由としては「人が集まらない」「司法試験合格率が低い」ことだそうです。

そもそも法科大学院とは何か?
これを読んでいる中高生には知らない人もいるでしょうから、簡潔に説明しておきます。
一言で言えば、法科大学院とは「司法試験を受ける資格を得るための学校」です。
法科大学院を修了できれば3回まで新司法試験を受験でき、それに合格すれば裁判官、検察官、弁護士への道が開けます。

この制度が導入された目的は、“法律の専門家を増やす”ことでした。
旧司法試験では合格率が1~3%とあまりにも難しくかったため、人材不足を解決する必要がありました。
法科大学院+新司法試験では合格率は旧司法試験よりも高くなり、合格者も必然的に増えます。


ですが、いくつもの問題が生まれ、なかなか上手くはいきませんでした。
その中で、今回の島根大学のケースと関連するのが、以下の2点です。

1.法科大学院は数多くあるが、合格率が高い学校は少ない。
2.合格率が低い法科大学院には、受験生が集まらない。結果、経営難になる。

これは1→2とつながってくる事象です。
まず、法科大学院ごとの新司法試験合格率を見てみます。
40%を超えるもののみをリストアップします。(40%あれば、3回受けて全て不合格になる確率はかなり低いです。)

2012年(平成24年)新司法試験法科大学院別合格率ランキング
1位 一橋大学 57.0%
2位 京都大学 54.3%
3位 慶應義塾大学  53.6%
4位 東京大学 51.2%
5位 神戸大学 45.8%
6位 大阪大学 41.8%
7位 中央大学 41.3%
データ出所:資格seek 

ここに名前が出てくる大学は、旧司法試験のときから多数の合格者を出している大学です。
この下にも、北海道、早稲田、名古屋など名門校がずらりと並びます。
島根大学は5.9%でしたので、この数字の差を見ると人が集まらないのも分からない話ではないですよね。

このような結果になることは、ある程度事前に予想が出来たはずなのですので、この現状は残念です。
このままですと、地方の法科大学院には、島根大学と同様に募集停止に追い込まれてしまう学校もあるでしょう。
そうなってしまうと、大学はますます都市に集中してしまいます。これは良いことではありません。
早い段階での見直しが必要でしょう。

今日はこれで終わりです。
このようなスケールの大きい話になると、どうにもならないような気分になってしまいます。
ですが、様々な媒体からもたらされる知識を活用して、ある程度の将来を考えることは必要です。
「5年、10年先、この社会はどうなっているか」「今価値があるものがいつまで価値を保ち続けるか」などなど、考え始めましょう。
何と言っても、自分自身の人生ですからね。

それではまた。

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

今週の時事問題(2月第4週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は2月第4週の時事問題です。 今日は国公立大学の前期試験ですが、時事問題は平常運転です。 昨今大学入試のあり方も議論されており、現行の形式で大学入試が行わ …

no image

今週の時事問題(2月第2週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は2月第2週の時事問題です。 相変わらず週末は寒かったですね。 私は週末の夜を寝袋の中で過ごしましたが、流石に寒くて辛かったです。 冷気は低いところにたま …

no image

2100年、世界人口は100億人突破?

7月13日に国連が発行した「世界人口白書」によると、世界人口は2050年で96億人、2100年には109億人に達すると予測されているそうです。 2011年時点での予測では2100年には100億人に達す …

no image

富士山、世界遺産へ

5月1日に、「富士山の世界遺産への登録を勧告」というニュースがありました。 これによって、今年6月にも富士山が世界遺産へ登録されることになります。 正確に言えば、富士山だけではなく富士山近辺の史跡も含 …

no image

”あおり運転”が教科書に載ることになるのでしょうか

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 6月から道路交通法が変わり、”あおり運転”と言われるものの罰則が強化されたことは記憶に新しいことかと思います。この”あおり運転”ですが、クルマを日常運転する人間として …