時事問題

2100年、世界人口は100億人突破?

投稿日:

7月13日に国連が発行した「世界人口白書」によると、世界人口は2050年で96億人、2100年には109億人に達すると予測されているそうです。
2011年時点での予測では2100年には100億人に達するとなっていましたから、1割くらい上方修正されています。
2013年時点ではだいたい71億人ですから、90年で5割くらい増える計算です。すさまじいですね。

このように人口が増えていくと、「仲間がたくさん出来た、ばんざい」と単純に喜んでいるわけにもいきません。
人口が増えてくると様々なトラブルが生まれますが、最大の問題は“食糧問題”でしょう。


イギリスの経済学者マルサスは次のように言いました。

「食料は算術級数的にしか増加しないが、人口は幾何級数的に増加する。」

これは『食料は“足し算”でしか増えないが、人口は“掛け算”で増える。』という意味です。
つまり、『食料増加<人口増加』となるわけで、その結果、不足分の食糧を入手しようと、争いが起きるのです。
※これはかなりザックリと書いています。詳しくはマルサスの著書「人口論」をお読みください。

こうなってくるとですね、やはり地球全体の規模でこの人口問題に取り組む必要はあるわけです。
食料は急激には増えませんし、人口も急激には減りません。
ですから、早い段階で枠組みを作り、全ての国が足並みを揃えることが必要でしょう。
まあ、それがとても難しいことなんですけれども。

今日はこれで終わりです。
明日は、今日の流れを受けて、世界人口が歴史的にどのように推移してきたかを見てみたいと思います。

それでは。

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

今週の時事問題(12月第4週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は12月第4週の時事問題です。 日付的には今日がクリスマス・イブということですが、このブログは平常運転です。 そんなことよりも、一週間後は大晦日だという事 …

no image

鉄の女”Iron Lady”

今週月曜日、イギリスの元首相であるマーガレット=サッチャーさんが亡くなりました。 女性政治家と言えば、今ではドイツのメルケル首相が思い浮かびますが、初代はサッチャーさんでしょう。 今日はサッチャーさん …

no image

今週の時事問題(10月前半その2)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今日は10月前半の時事問題(その2)です。 今回は理科のテストに出てきそうな出来事が多いです。 もちろん内容はなかなか理解できないものですが、関心だけは持って …

no image

ネット依存は深刻

こんにちは、昼夜問わずセミがうるさいのですが、みなさまお元気ですか。ただ、集団で騒がしいと言うよりも、一匹が全力で頑張ってる感があり、セミの世界でも核家族化が進んでいるのかとかどうでもいいことを考えて …

no image

法科大学院の憂鬱

先日こんなニュースがありました。 島根大が法科大学院の募集停止 15年度、国立で初(共同通信) これは、国立大学である島根大学が、法科大学院の募集を停止するというニュースです。 今まで私立大学ではいく …