テキスト

村尾の政経「経済」分野の特別講義

投稿日:

今週の教材は、学研の「村尾の政経『経済』分野の特別講義」です。
先週に引き続き、政治・経済の教材です。
先週は問題集でしたが、今週は通読タイプの参考書ですので、趣は違いますね。
受験で政治・経済を使わない人にもぜひ読んで欲しいと思っています。

ご購入はこちらからどうぞ→村尾の政経「経済」分野の特別講義 (学研合格新書) 


1.特徴
新書サイズの参考書で、先ほども書きましたように通読タイプの教材です。
ですので、新書を読む感覚で勉強することが出来ます。
また、ページの下部に図表が使われており、おさえておくべき重要な構造などをビジュアルでつかむことが出来ます。

大学受験はもとより、公務員試験対策や一般常識用にも使えるようになっています。
同シリーズの政治編も使うことで、社会に出るときに必要となる教養を身につけることが出来るでしょう。

2.長所
経済分野の内容をコンパクトにまとめていますので、短い時間で一周することが出来ます。
流し読みすれば、おそらく2時間くらいでしょうか?
もちろん1回読んだだけでは内容は定着しませんので、繰り返し読む必要はありますが、それも苦にならないボリュームでしょう。

また、用語の説明がページ下部に記載されているので、用語集を使う頻度が少なくて済みます。
用語集を引くことは重要ですが、あまりにその回数が多いと肝心の内容が分からなくなってしまいますので、ありがたい心遣いです。

3.短所
これは仕方のない話ですが、やはり時事問題が薄いです。
ですので、それはまた別に対策を立てなければなりません。
日頃ニュースなどを見ていれば特に対策は不要かもしれませんが、場合によっては、予備校の時事問題講座を受講するのも手でしょう。

今日はこれで終わりです。
ここ数日、株価が乱高下するなど、先が見通せない状況になっています。
ですが、もう少し長いスパンで考えれば、そこに一つの方向性は見出せるでしょう。
高校生のみなさんは今からそういう観点で物事を見ていくべきです。
広く『社会』というのは、そのための教科であるはずです。

それでは今週もよろしくお願いします。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

入試に出る 世界史B用語&問題2000

今週の教材は、Z会出版の「入試に出る 世界史B用語&問題2000」です。 この教材は一問一答形式の問題集です。 以前はそれほど選択肢はありませんでしたが、この10年ほどで一問一答のバリエーションもかな …

no image

英文読解入門 基本はここだ!

今週の教材は、英語の「英文読解入門 基本はここだ!」です。これは英文の読み方を、短文の中で学習しようという趣旨の教材です。 俗に言う精読(英文解釈)ではなく、それをよりパターン化したものだと考えて頂け …

no image

WIZ1900とターゲットの比較

こんにちは。 今日は英単語帳である「英単語 WIZ1900」と「英単語ターゲット1900」を比較してみたいと思います。 ここで何度か取り上げている「WIZ1900」は、生まれて1年もたっていない新しい …

no image

世界史要点 図解整理ハンドブック

今週の教材は、旺文社の「世界史要点 図解整理ハンドブック」です。 この教材をカテゴリー分けするのは少し難しいですが、あえて言えばサブノート的に使えるものです。 とは言っても書き込むスタイルではないです …

no image

教科書よりやさしい日本史

今週の教材は、「教科書よりやさしい日本史」です。 英語と数学ばかりですとバランスが悪いので、今日は社会も取り上げてみます。 身上として「バランス良く、オールマイティー」というものがありまして、いろいろ …