大学受験

センター試験廃止?

投稿日:

6月6日に「政府の教育再生実行会議が数年後を目処としたセンター試験の廃止を検討」という報道がありました。
会議では、現在検討されている「到達度テスト」との統合も視野に、話し合いが進められるようです。

これは受験生にとっては大きな変化になります。
1979年に共通一次試験が始まり、1990年からはセンター試験になりましたが、“一発勝負”という点においては変化はありませんでした。
つまり、1年に一度しかチャンスがないので、失敗したらまた翌年チャレンジするしかなかったのです。

ですが、この「到達度テスト」は、年に2~3回実施される予定で、高校2年生も受験することが可能になりそうです。
つまり、受験生は「到達度テスト」を数回受けて、その最高点を使って受験できることになります。
イメージとしては、TOEICのスコアをイメージしていただければOKかと思います。
当然、受験生は一発勝負のプレッシャーから逃れることが出来るので、受験生には優しい仕組みになるかもしれません。


もちろん問題点もあります。
今のセンター試験では、その規模と公平性を保つために多大なコストがかけられています。
その回数が増えるとなると、そのコストも回数分増えるわけですから、その負担が受験生には重くなってしまうでしょう。
現行のセンター試験でも、受験料は約20,000円とかなり高額です。
これを何回も負担させるのはいかがなものかと思いますので、そちらの面もしっかり考えていただきたいものです。

今日はこれで終わりです。
このニュースに関しては、また続報があるでしょうから、それを待ちましょう。
また、あくまでもまだ先の話ですので、受験生はあまりあわてずに勉強してくださいね。

それではまた。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅷ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先日、軽井沢に2泊3日で行ってきました。いつも通り、わが家のワンコたちを連れて行ったのですが、先日お伝えした通り、年長のワンコは遊びに行かれるような状態ではありません …

no image

平成27年度(2015年度)センター試験の数学IA(その2)

今日は昨日の続きで、数学IAがセンター試験においてどのように変化するかについてまとめていきます。(前日の記事はこちら) 昨日は数学Aでの単元選択の話を書きましたので、今日は「数学Aをどのように学習すべ …

no image

数学インプレッション 立教大(2014-経済)

こんにちは、ナンバー・ゼロです。 暑かったり寒かったり、過ごしにくいですね。 これで間もなく梅雨に入ると思うと気が滅入ります。 一刻も早く梅雨が明けるのを祈るのみです。 さて今日はお久しぶりの数学イン …

no image

珍事

もう国公立大学の倍率がほぼ確定しています。概して予想通りで、難関大学、特に文系は志願者減でしたね。 しかしながら、国公立の倍率は私立の倍率とは意味が異なりますので、楽な受験にはなりません。 入学辞退者 …

no image

センター英語【第2問:文法・語法】

こんにちは。 そろそろ新学年の授業がスタートしようかという時期ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 準備に忙しいことと思いますが、くれぐれも体調にはお気を付けください。 暖かかったり寒かったりが …