ナンバー・ゼロの授業 大学受験

最後の追い込み2021

投稿日:2月 1, 2021 更新日:

おはようございます。ナンバー・ゼロです。

毎年恒例になっている2/1の投稿です。内容もほぼ例年変わらないので、前年の記事をまずコピーして、一部を修正しつつ掲載しています。

早いものでナンバー・ゼロとしてスタートしてから、今年で9回目の受験を迎えることになりました。私個人の状況としては、昨年は17日まで毎日入試対策と書きましたが、今年は今のところ14日までで、休みもあります。昨年との日程面での大きな違いは、今年は10日くらいまでに入試が終わってしまう生徒さんがほとんどということでしょうか。

本日より、『入試直前対策授業』と銘打って、原則過去問や過去の出題例を用いて、志望校あるいは受験校の対策を個別に行っていきます。
もちろん第一志望の対策をメインに行うのが目的ですが、ここは押さえておきたい、または第一志望と同じように考えている、などの大学の対策もご希望に応じて行います。その中身も、読解中心であったり、文法中心であったり、それぞれの生徒さんの現状に合わせて、より合格が近づく内容を考慮しています。読解といってもパラグラフごとの内容把握であるのか、表やグラフの読み取りであるのか、文法といっても整序問題であるのか、正誤問題であるのか、など内容は多岐に渡ります。

2月に入ると予備校や大手学習塾の授業もなくなってしまうため、ひとりで取り組むことに不安を覚えたり、集中的にやりたいと思える分野が出てきたりするかもしれません。そのような場合には、ぜひ個別指導塾を利用されると良いと思います。ナンバー・ゼロでもいくらか空きがありますので、ご希望がありましたらお早めにお問い合わせください。

自宅を出たくない場合でも、オンラインコース(オンライン家庭教師・オンライン個別指導)での受講が可能です。お気軽にお問い合わせください。

-ナンバー・ゼロの授業, 大学受験

執筆者:

関連記事

no image

大学受験英語のテーマ(私立大学編)

昨日の国公立大学編に続きまして、今日は私立大学編をお届けします。 対象とするのは、私立大学の最難関である早稲田大学・慶應義塾大学です。 私立の両雄である早稲田と慶應ですが、その英語は大きく異なります。 …

no image

個別指導について【授業の進め方①】

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 前回は個別指導塾の講師対生徒の形式について説明しましたが、今回からは具体的にどのように授業が進むのか、なぜそのように進めるのか、それぞれを実施する意味は何か、といった …

no image

大学入試 異例のシーズン

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今回の記事のタイトルですが、読売新聞2020年9月28日の夕刊からそのまま引用させていただきました。以下、引用部分は『』を付して掲載します。 もちろん、『異例』の原因 …

no image

個別指導について【授業の形式】

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 一口に個別指導といってもいろいろな形式の個別指導があります。具体的には講師1人に対して生徒1人(今後は1対1形式とします)、講師1人に対して生徒2人 (今後は1対2形 …

no image

個別指導について【教材】

こんにちは。ナンバー・ゼロです。今までにあちらこちらに教材の話が出てきましたので、今回は教材の選定についてお話します。 個別指導塾といっても、ある程度教材の選定にはパターンがあります。まずは公立中学に …