共通テスト 大学受験

大学入試 異例のシーズン

投稿日:10月 15, 2020 更新日:

こんにちは。ナンバー・ゼロです。

今回の記事のタイトルですが、読売新聞2020年9月28日の夕刊からそのまま引用させていただきました。以下、引用部分は『』を付して掲載します。

もちろん、『異例』の原因となっているのはコロナウィルス感染拡大防止のため緊急事態宣言が出され、各学校が休校措置を取ることとなったことによる授業進度の遅れが大きいところであるのは言うまでもないでしょう。さらに、センター試験が昨年度(2020年1月実施)で最後となり、初の共通テスト実施と重なってしまったことも受験生にとっては大きな不安事項になるでしょう。

共通テストの出願はすでに10月8日で締め切られましたが、今後の入試日程の整理を軽くしておきましょう。

2020年9月28日~10月8日 大学入学共通テスト 出願期間
2021年1月16日~1月17日 共通テスト 第1日程
2021年1月30日~1月31日 共通テスト 第2日程
2021年2月1日~      私立大一般入試
2021年2月13日~2月14日 共通テスト 特例追試験
2021年2月25日~       国公立大2次試験(前期)
2021年3月8日~      公立大2次試験(中期)
2021年3月12日~       国公立大2次試験(後期)
2021年3月22日~       国公立大2次試験の追試験
  ※読売新聞2020年9月28日夕刊より引用、各試験の受験資格等の詳細は大学
   入試センターにて確認してください。

学習時間を1日でも増やすという観点からは、受験資格さえ問題なければ共通テストの日程は後ろの方がよさそうに思えますが、私立大学の併願日程や、あるいはコロナウィルス感染のリスクなど考え合わせると一概に遅ければいいとは言えないかもしれません。受験生にアドバイスする立場の私でも、どの日程がベターなのか判断に困るのが正直なところです。

今年の受験生はいろいろな意味で、異例かつ初めての入試となりそうです。慎重な判断をしなければならず、学習面以外の悩みで苦労することになるかと思います。私たちも初めての経験ということをかみしめて、一緒に考えていこうと思います。

-共通テスト, 大学受験

執筆者:

関連記事

no image

国公立2次試験倍率を見て

現在、国公立大学の2次試験倍率が発表されています。まだ確定ではありませんが、センター試験の難化と昨今の経済状況から、概ね予想通りの展開にはなっています。 まず、センター試験難化の影響で、最難関大学は志 …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅶ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 カレンダーを見ると、今日は敬老の日です。そして明日は秋分の日ということで、世間一般には4連休といったところでしょうか。何年か前からこのあたりの連休をシルバーウイークと …

no image

2021年度大学受験実績

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ご家庭からの報告がおおよそ一段落つきましたので、2021年度のナンバー・ゼロの実績として掲載します。個人情報に関わる内容なので、①大学名・学部、②出身高校(公立・私立 …

no image

2013年度入試結果:高校の難関大学実合格者数【神奈川公立編】

5月17日号の週刊朝日で、「高校の難関大学実合格者数」という特集がありました。 今日と明日はこの特集について、記事を書きたいと思います。 一般に私立大学では、複数の学部学科を併願することが出来ます。 …

no image

今でも解ける大学入試数学【その2】

今日は先日書きました「今でも解ける」シリーズの第二弾をお送りします。 図らずも第一弾が私立大学編になってしまいましたので、今日は国公立大学編にします。 前回と同様にターゲットが新高校2年生ですので、数 …