テキスト

英単語ターゲット1400 実践問題集

投稿日:

今週の教材は、旺文社の「英単語ターゲット1400 実践問題集」です。
この教材は「ターゲット1400」対応の問題集ですので、単語帳と対応させて使用します。
用途としては、単語を覚えたかどうかのチェックがメインになります。
多くの学校で指定教材になっているターゲットですので、導入すればよりいっそう効果が上がるかと思います。
ここでは“1400”を扱いますが、“1900”も基本的には同じだと思われますので、参考にしてください。

ご購入はこちらからどうぞ→英単語ターゲット1400[4訂版]実戦問題集 (大学JUKEN新書英単語ターゲット1400)


1.特徴
全1400個の英単語を、100個区切りでチェックしていくスタイルです。
問題はStep1から3+Challengeの四段階に分かれており、用途に応じて選択できます。

1つのセクション(100個)につき、3つの問題が用意されています。
これらは同じ形式で、別の単語が使われていますから、要は3回チェックできるということになります。
単語は繰り返しが重要ですから、ペースを決めて3回問題をこなせば定着も良いでしょう。

2.長所
一言で「単語」と言っても、その問題は多種多様です。
意味を書く、スペルを答える、発音、例文の中で聞かれるなどなど、それぞれ練習が必要です。
この問題集はStepごとに異なる形式の問題が出ているので、学校の小テストでの形式に合わせて選べばよいです。
このような使い回しのよさがこの問題集の良いところです。

覚えたかどうかのチェックを手っ取り早く行いたい場合は、Step1の[1]と[2]だけをやるのがよいでしょう。
おそらく、一回のチェックに3分もかからずに終えることが出来ます。

3.短所
これは「ターゲット」シリーズの構成の問題でもありますが、100個区切りだと少し多いのかもしれません。
50個区切りであれば、もう少し使い回しが楽だったかもしれません。

また、得点状況をチェックするリストが無いのももったいないです。
覚えられていない単語を残しておくことができれば、より効果的な運用が出来ると思うのですが。

今日は以上です。いかがでしたでしょうか?

英語を学習する以上、英単語からは逃げることが出来ません。
せっかく学校の小テストで勉強するなら、後になっても意味のあるものにすべきです。
そういう観点から、この類の問題集は便利なのではないかと思います。
同じ勉強でも、一つ工夫が施されると、その効果は見違えるほどになりますので。
ぜひ書店で手に取ってみてください。

それではまた明日。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本史オール・イン・ワン

今週の教材は、「日本史オール・イン・ワン」です。 この教材は、その名の通り歴史の流れや史料などが一まとめになったものです。 基本的には教科書のように読んでいくものですが、受験に必要な知識を効率よく押さ …

no image

世界史要点 図解整理ハンドブック

今週の教材は、旺文社の「世界史要点 図解整理ハンドブック」です。 この教材をカテゴリー分けするのは少し難しいですが、あえて言えばサブノート的に使えるものです。 とは言っても書き込むスタイルではないです …

no image

関正生の英文法POLARIS1 標準レベル

これからしばらく定期的に掲載していく予定の、テキスト紹介コーナー。共通テストまではあと2ヶ月半程度、私大入試まではあと3ヶ月程度という時期で、受験生の皆さんは学習をいかに効率よく進めるか、非常に悩んで …

no image

倫理・哲学の特別講義

今週の教材は、学研の「倫理・哲学の特別講義」です。 以前、同シリーズの“経済”を取り上げましたが、今日はその“倫理”版です。 大学受験での倫理に登場してくる思想を分かりやすくまとめた新書サイズの参考書 …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第6章:微分法・積分法]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 六回目の今日は、数学Ⅱの第6章「微分法・積分法」です。 今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありませんが、関数の次数制 …