時事問題

サッカーと経済

投稿日:

先日、『今期から香川真司選手が所属するイングランドの名門マンチェスターユナイテッド(マンU)で、26年間監督を務めたファーガソン監督が退任する』というニュースがありました。
今日はこのニュースについて触れてみたいと思います。

サッカーは世界的スポーツであり、世界で最も人気のあるスポーツと言われます。
サッカーワールドカップは視聴者数でオリンピックをしのぐ規模であり、商業面でもさまざまなCMにサッカー選手が登場します。
欧州のサッカークラブには株式を上場しているところもあり、もはや一般企業と同様に扱っても間違いではないでしょう。

マンUはアメリカ人のマルコム・グレーザーに買収されてはいますが、高いブランド価値を誇っており、そのブランド価値は30億ドルとも言われます。
その背景には、「世界で最もファンの多いサッカークラブ(推定:6億6000万人)」と言われる抜群の人気度があるのですが、今回のファーガソン監督退任のニュースはクラブのブランド価値に小さくない影響を与えたようです。


ファーガソン監督はマンUの監督というより、イングランドのサッカーの象徴でもありました。
(実はファーガソン監督自身はスコットランド出身なのですが…)
正直、私は他の人がマンUを指揮しているシーンをイメージできないですが、他の方も同様だと思います。

で、ここから経済です。
世界中の方が同じように思い、今後のマンUが心配だと思ったわけです。
そうなると、悲観した人はマンUの株式を手放します。(つまり、売ってしまうのです。)
すると、マンUの株式は人気が無くなるわけですから、それまでの株価よりも下がります。
結果、マンUの株価は一時的に約5%下落したそうです。
これがどのくらいの規模かというと、マンUの株式の時価総額が大体3000億円くらいですから、ファーガソン監督の退任によって150億円ほど価値が下がったと考えられます。
150億円とはまたすごい金額ですが、それはファーガソン監督の重要性を示す数字でもあるのです。
サッカーはスポーツではありますが、単なるスポーツではなく、経済にも大きな影響を与えるスポーツなのですね。

今日はこれで終わりです。
私としては、マンUの株価以上に来シーズンの香川選手の処遇が気になります(–;)
新しい監督が香川選手を重用してくれるといいなぁと願っています。

それではまた来週。。。

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ミステリアス・プラネット

メキシコのユカタン半島で、スロベニアの考古学者が新しいマヤ文明の遺跡を発見したというニュースがありました。 マヤ文明というのは、紀元前400年から16世紀ごろにメキシコ南部周辺で栄えた文明です。 一昨 …

no image

今週の時事問題(11月第1週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は11月第1週の時事問題です。 早いもので一年ももう5/6が終わってしまい、2015年も残すところあと少しです。 受験学年の方は目の前に受験がやってきます …

no image

法科大学院の憂鬱

先日こんなニュースがありました。 島根大が法科大学院の募集停止 15年度、国立で初(共同通信) これは、国立大学である島根大学が、法科大学院の募集を停止するというニュースです。 今まで私立大学ではいく …

no image

今週の時事問題(1月第3週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は1月第3週の時事問題です。 今週は雪がドカドカと降り、多くの人が足止めをされてしまいました。 雪が多くない地域では心構えが出来ていませんから、生活が大混 …

no image

鉄の女”Iron Lady”

今週月曜日、イギリスの元首相であるマーガレット=サッチャーさんが亡くなりました。 女性政治家と言えば、今ではドイツのメルケル首相が思い浮かびますが、初代はサッチャーさんでしょう。 今日はサッチャーさん …