大学受験

2013年度入試結果:高校の難関大学実合格者数【神奈川公立編】

投稿日:

5月17日号の週刊朝日で、「高校の難関大学実合格者数」という特集がありました。
今日と明日はこの特集について、記事を書きたいと思います。

一般に私立大学では、複数の学部学科を併願することが出来ます。
また、高校では合格実績を延べ人数で表記します。
ですので、私立大学の延べ人数での合格実績は高校の実力を正確には反映しません。

具体例を挙げましょう。
A君が○○大学の法学部と経済学部と文学部に合格したとします。
その場合、その実績は「○○大学・・・3人」と表記されてしまい、あたかも「○○大学に合格する力を持った生徒が3人いる」ように見えてしまうのです。
これから高校を選ぶ人、またこれから大学受験をする人は、このことを意識しなければいけません。
同じ合格者数でも、それが少数の受験生によってはじき出された数字なのか、全体で平均的に出した数字なのかで大きく意味が異なってきます。
トップにいなければいけないのか、上位三分の一でいいのかでは、高校生活の過ごし方も大きく変わるでしょう。

タイトルにある「実合格者数」とは、そのような複数学部学科の合格を排除した数字です。
先ほどのA君の例ですと、「○○大学・・・1人」となり、より実態に近い数字になっています。

ただし、別の大学に合格している場合はカウントされてしまうので、ここの数字よりも少し割り引いて評価すべきです。
また、浪人生も含まれてしまいますので、それも割り引かなければならないです。

注:もし著作権的に問題がございましたら、お知らせください。記事を削除致します。


今日は“神奈川の公立高校”の様子を見ていきたいと思います。
また、データが出ていない学校もありますので、その点に留意して読んでください。

詳細なデータは雑誌をお買い求めくださいませ。

早稲田・慶應・上智・東京理科大+GMARCHの合格者数が、卒業生数を超えている高校を挙げます。

厚木高校
小田原高校
川和高校
希望ヶ丘高校
県立鎌倉高校
光陵高校
平塚江南高校
横浜国際高校
横浜緑ヶ丘高校

※50音順です。

これらの高校は上記の大学に多数の合格者を出しています。
旧学区のトップ高がずらりと並びましたが、他にも「卒業生数≒難関大学合格者数」となっている高校も多数あります。
幾分厳しめに評価しなければならないとは言いつつも、これらの高校で頑張っていれば大学受験でも十分に戦えそうです。

国公立大学の合格実績も見る必要はありますが、これらのデータも高校選びの指標の一つとなるのではないでしょうか?

今日はこのあたりで終わりです。
明日は私立高校編をお送りします。

それではまた。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

センター試験廃止?

6月6日に「政府の教育再生実行会議が数年後を目処としたセンター試験の廃止を検討」という報道がありました。 会議では、現在検討されている「到達度テスト」との統合も視野に、話し合いが進められるようです。 …

no image

珍事

もう国公立大学の倍率がほぼ確定しています。概して予想通りで、難関大学、特に文系は志願者減でしたね。 しかしながら、国公立の倍率は私立の倍率とは意味が異なりますので、楽な受験にはなりません。 入学辞退者 …

no image

国立大学受験について:受験科目(文系編)

今日は、神奈川から通学できる範囲にある国公立大学の受験科目をまとめます。 国立では、1次試験(センター試験)と2次試験(個別試験)がありますが、センターの科目はどこもそう変わらないので、2次試験の科目 …

no image

赤本と青本

こんにちは。 夏に行われた模試も返ってきて、受験生の意識も変わってくる時期です。 このブログでも何回か触れていますが、受験生の皆さんはもう過去問を入手していますか? まだという人は早めに買いそろえてお …

no image

2015年度センター入試についての続報

先日、大学入試センターが2015年度センター試験の移行措置を発表しました。 2015年度から、数学と理科が新課程入試になるための措置です。 これによって、浪人生は旧課程の問題を選択することも可能になり …