テキスト

数学I・A BASIC 100

投稿日:

今週の教材は、駿台文庫の「数学I・A BASIC 100」です。
これは新課程対応ですので、現在の高校1・2年生向けの教材になります。ご注意ください。

どのような教材かと言いますと、「短期間で数学ⅠAを復習し、基礎力を確実なものにする」ための教材です。
ですが、"標準以上"の学力を持った人向けの教材であり、「数学が苦手だ」という人には不向きでしょう。
「数学はそれなりに得意で、受験でも使う」という人が、学校の授業では数学ⅡBを学習し、自習でこの教材を使うというのが基本パターンでしょう。
「100」の例題をペース割りして学習していけば、模試でも十分に点を取れるものと思います。

ご購入はこちらからどうぞ→数学1・A BASIC 100 (駿台受験シリーズ) [単行本]


1.特徴
典型問題を集めた、パターン問題集です。
つまり、これを一通り身につけて使えるようにしておけば、標準少し上くらいまでの入試には十分対応できるはずです。
実際に、駿台でも『基礎から中級レベル』と位置づけられています。

100題では少ないのでは、という話もありますが、受験数学の中心はⅡBであり、Ⅲです。
数学ⅠAの範囲ももちろん出題されますが、純粋に「数学ⅠAのみで解ける問題」はそれほど多くはありません。
(今後、整数の性質が増えてくると思われるので、そうなると何とも難しいですが…)

あくまでも、基礎力を確実にするためのもので、難しい問題は3年生になってから過去問対策などで扱えばいいのです。
そう考えれば、100題という数字は妥当に感じられるでしょう。

2.長所
最大の長所は、100題と切りが良く、ペース配分しやすいところです。
週に5日間やるとして、1日1題でも5ヶ月、1日2題なら2ヶ月半で終わります。
このボリュームであれば、2周3周することも難しくありません。
それをアシストするために、巻末には自己チェック表がついています。ぜひ使いましょう。

また、問題もよく選ばれていて、納得の選定です。
確かにこれを回していれば、数学ⅠAの重要事項を忘れることはないでしょう。
ある意味で、「薄いチャート」と言っても良いかと思います。
チャートの分厚さに辟易してしまう人にはいいのではないでしょうか?

私としては、特に国立文系受験生には強く勧めたいと思います。
「数学ⅡBがメインではあるが、ⅠAも捨てられない…」という国立文系受験生にとっての最適解かもしれません。

3.短所
これを短所と言って良いのかは分かりませんが、問題が易しくはないです。
それは先述の通りなのですが、"BASIC"という語を真に受けすぎてはダメだと思います。
計算問題はかなり少なく、記述答案を意識した構成ですので、初学者は手を出さないようにしましょう。
目安として、全統偏差値50くらいは欲しいかと思います。それくらいあれば、取り組むことが出来るでしょう。
あとは、自分の置かれている状況を踏まえて、ペース配分を先にすることです。

今日は以上です。いかがでしたでしょうか?
ゴールデンウィークも今日で終わりですが、中高生はもうまもなく定期テストですね。
修学旅行、文化祭などなど行事も目白押しだと思いますが、テストの準備もしっかりとしましょうね。
受験生はあまり目先のテストにとらわれず、長期的な視野を持って取り組んでください。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

倫理・哲学の特別講義

今週の教材は、学研の「倫理・哲学の特別講義」です。 以前、同シリーズの“経済”を取り上げましたが、今日はその“倫理”版です。 大学受験での倫理に登場してくる思想を分かりやすくまとめた新書サイズの参考書 …

no image

入試に出る 世界史B用語&問題2000

今週の教材は、Z会出版の「入試に出る 世界史B用語&問題2000」です。 この教材は一問一答形式の問題集です。 以前はそれほど選択肢はありませんでしたが、この10年ほどで一問一答のバリエーションもかな …

no image

関正生の英語長文POLARIS2 応用レベル

どうにか毎週やり繰りできている、テキスト紹介コーナー。前回に続き「英語長文シリーズ」を取り上げます。 ということで、今回のテキストは、学研の「関正生の英語長文POLARIS2 応用レベル」です。 この …

no image

短期集中完成スピードチェック! 政治・経済

今週の教材は、学研の「短期集中完成スピードチェック! 政治・経済」です。 この教材は、政治・経済を学習する上で、一問一答の次に手を出せそうな問題集です。 日本史や世界史と比較して、政治・経済は問題集が …

no image

関正生の英語長文POLARIS1 標準レベル

引き続き「POLARISシリーズ」を取り上げていく、テキスト紹介コーナー。前回まで「英文法シリーズ」を取り上げていましたが、今回から「英語長文シリーズ」を取り上げていきます。英文法の「発展レベル」の対 …