テキスト

大学入試現代文単語Vocabulary550

投稿日:

今週の教材は、いいずな書店の「評論・小説・小論文 テーマ別マスター 大学入試現代文単語Vocabulary550」です。
この教材は、入試現代文で使われる語彙についてのもので、先週の「ことばはちからダ!」と同じ種類の教材です。
ですが、この教材の方が新しめで2009年発行になっていて、割と最新の入試データが反映されています。

では、これは「ことばはちからダ!」と何が違うのか?
「ことばはちからダ!」は、”評論”を中心にした語彙がまとめられていました。
ですがこの教材は、”評論”に加えて、”小説”に用いられる語彙もターゲットになっています。
(例えば、『早世』や『衒う』などが掲載されています。)
一般入試で小説が出題されること自体は多くはないですが、センター試験では必ず出題されます。
そこでも語彙問題が9点分出題されますので、その対策になるでしょう。センターで9点は大きいですからねぇ。

ご購入はこちらからどうぞ→評論・小説・小論文 テーマ別マスター 大学入試現代文単語Vocabulary550


1.特徴
先述のように”小説”分野も加わった単語帳です。
それ以外にも2つ特徴があります。

1つ目は、一問一答形式で「単語」と「意味」が対応するところです。
言うなれば、英単語帳のような使い方をすることが出来て、スムーズに入りやすいのではないでしょうか。
ただもちろん、例文や詳しい説明も併記されていますので、内容が薄いわけではないです。

2つ目は、練習問題が豊富に収録されているところです。
こまめに練習問題が挟まれてくるので、そこで自然と覚えたかどうかのチェックが出来ますね。
もしくは、一通り終えた後で練習問題を解いて、復習するところを捜すことも出来ます。

2.長所
収録されている語数自体は550語と多いですが、先述のように一問一答形式ですのでサクサク進みます。
こういう類の教材は『一周で完璧にする』というよりは、『何周もやって少しずつ定着させていく』ものですので、これは助かります。

また、これも先述のように、練習問題があることで勉強にメリハリをつけることができます。
知識の定着には、インプットとアウトプットを繰り返すことが重要ですので、それを無意識に出来る構成であることが大切です。

3.短所
簡潔な構成で分かりやすいのですが、簡単な用例がないのが玉に瑕です。
実際の入試問題の文章だと分かりにくいこともあるので、もう少しかみ砕いた用例を載せてくれるとうれしいです。
ここらへんは「ことばはちからダ!」の真似をしていただきたいですね。

今日は以上です。いかがでしたでしょうか?
星の数ほど出ている参考書ですが、それぞれ特徴があって面白いです。
合う合わないというのは使ってみなければ分からないものですが、自分の目標に合わせて選べば当たる確率は上がるでしょう。
私としてもそのお手伝いを出来ればうれしいです。

この連休も新しい教材を探しにちょっと小旅行に行ってきます。
こういうことはまとまった時間があるときにしかできないですからねぇ。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

関正生の英文法POLARIS2 応用レベル

ここのところ授業が立て込んできており、その関係上なかなか記事を書けなくなってきてしまいました。この時期に受験生に必要な情報を少しでも届けたいという思いで、できるだけ毎週更新していく気持ちで取り組んでい …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第1章:式と証明]

今日はメジャーな傍用問題集である数研出版の「4STEP」について、その変更点をまとめます。 数学ⅡB自体は旧課程と新課程で特に大きな変更点はありません。 (大きな変更は、数学ⅠAとⅢに集中しています。 …

no image

英語長文出題パターン演習 1

おひさしぶりでございます、テキスト紹介コーナー。 今週の教材は、河合出版の「英語長文出題パターン演習 1」です。 この教材は、英語長文問題集の標準的なレベルのものです。 特徴としては、『1つの問題に一 …

no image

はじめる世界史 50テーマ-入試への基礎-

今週の教材は、Z会の「はじめる世界史 50テーマ-入試への基礎-」です。 よく考えなくとももうそろそろ4月で、受験に向けて勉強を始めたいと考えている人は多いと思われます。 『まずは基礎から』とは言うも …

no image

合格る計算 数学ⅠAⅡB

今週の教材は、文英堂の「合格る計算数学I・A・II・B 」です。 この教材は、計算練習用ではありますが、よくある計算練習用の教材とは趣が異なります。 それは“計算のテクニック”に重きを置いている点です …