テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第6章:微分法・積分法]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
六回目の今日は、数学Ⅱの第6章「微分法・積分法」です。
今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありませんが、関数の次数制限が緩和され、その影響があると思われます。

具体的に言うと「四次以上の微分」と「三次以上の積分」が出てくるはずです。
今までも、発展内容として扱われていましたが、おそらくそれらがSTEP Bへと移ってくるはずです。
後はそれらの割合ですが、考えても仕方がないので、実際に比べて見てみましょう。


まず、旧課程の数学Ⅱの「微分法・積分法」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…33
STEP B(標準)…68
発展問題…18
=============
問題数合計…119

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…33
STEP B(標準)…76
発展問題…8
=============
問題数合計…117

問題数だけを見れば、若干減っています。
今まで増えることはあっても、減ることはなかったのでこれは意外です。
ですが、問題を統合してまとめていることが理由で、小問で見るとそれほど変わっていません。

また、発展問題の数が大幅に減っていますが、これは先述のように、発展問題からSTEP Bへの移行があったためです。
具体的には、やはり「四次以上の微分」と「三次以上の積分」の単元で10問近くの移行がありました
ですが、今までも入試で当たり前のように出題はされていましたから、これで困ることは特にないでしょう。
他には新しいものが2~3問加わった程度で、全体として見れば大きな変化はありません。

今日は以上です。
これで数学Ⅱが終了しましたが、全体的に計算量が増えている傾向があります。
センター試験の数学ⅡBの問題量の多さは有名ですが、それに対応した形なのかもしれません。

次回は数学Bの「ベクトル」です。
目次を見るだけでも、ボチボチ変化がある予感がするのですが、トータルで見るとどうなのでしょうか。
メジャーな変更点がないと、一つ一つを細かく見ていかなければならないので、結構大変ですね。
ですがあと少しで終わるので、頑張りたいと思います。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

黄色チャート

こんにちは。もうそろそろ9月も終わりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 これで1年も残すところ4分の1ですから、月日が経つのは本当にはやいものです。 先日、新課程版の黄色チャート(数学Ⅲ)を入 …

no image

倫理・哲学の特別講義

今週の教材は、学研の「倫理・哲学の特別講義」です。 以前、同シリーズの“経済”を取り上げましたが、今日はその“倫理”版です。 大学受験での倫理に登場してくる思想を分かりやすくまとめた新書サイズの参考書 …

no image

「英文読解入門 基本はここだ!」進度管理リスト

今日はちょっと趣を変えて、教材の使い方について書きます。 一冊の教材を繰り返し学習していくことは重要です。 ですが、もう出来る単元や理解している単元を何回も繰り返すことは時間の無駄になってしまいます。 …

no image

ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B

今週の教材は、「ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B」です。 以前、同シリーズの数学Ⅰ・Aを紹介しましたが、今回はその続編です。(数学Ⅰ・Aの記事はこちら) 位置づけは前回と変わらず基礎定着を目標と …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第3章:図形と方程式]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 三回目の今日は、数学Ⅱの第3章「図形と方程式」です。 前回と同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。 ですが、数学Aで …