テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第5章:指数・対数関数]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
五回目の今日は、数学Ⅱの第5章「指数・対数関数」です。
今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。

ですが、今までの傾向を見ていると、計算問題のボリュームが増えていそうな気はします。
おそらく、指数方程式・対数方程式などの計算問題が追加されているのでしょう。


まず、旧課程の数学Ⅱの「指数・対数関数」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…30
STEP B(標準)…31
発展問題…4
=============
問題数合計…65

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…29
STEP B(標準)…34
発展問題…5
=============
問題数合計…68

問題数だけを見れば、あまり変化はありません。
STEP Aが減っていますが、これは今まで2つに分かれていた問題が1つにまとめられたことが原因です。
ですので、小問まで見てみれば、概ね今まで通りです。

ただ、STEP Bが数問増えています。
これはやはり予想通り、指数方程式と対数方程式の計算問題が増えているからです。
ただ、それほど易しいものではなく、若干難しめの計算問題ですが。

今日は以上になります。
ここはほとんど変化無しでしたが、全体的に計算量を増やしていく方針は一貫しています。
数学ⅡBの中では、比較的易しいと思われる単元ですので、早い時期から練習を重ねて得点源にしましょう。

次回は「微分・積分」です。
ここは目に見える変化があると想像されます。
難しい話ですが「扱う式次数制限が緩やかになった」ため、四次以上の関数が登場する可能性があるのです。
詳しくは次回の記事をご参照ください。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

英文読解入門 基本はここだ!

今週の教材は、英語の「英文読解入門 基本はここだ!」です。これは英文の読み方を、短文の中で学習しようという趣旨の教材です。 俗に言う精読(英文解釈)ではなく、それをよりパターン化したものだと考えて頂け …

no image

関正生の英文法ファイナル演習POLARIS1 応用レベル

コロナウィルス感染対策のため公共交通機関を利用しなくなってから半年以上がたちました。そのため、昨年までとは違い、移動時間中の電車内で書くことができなくなった、テキスト紹介コーナー。今回から「英文法ファ …

no image

合格へ導く 英語長文Rise 読解演習1 基礎編

今週の教材は、Z会の「合格へ導く 英語長文Rise 読解演習1 基礎編」です。 ここで英語長文の問題集を取り上げるのは初めてでしょうか、あまり記憶がはっきりしません(^_^;) 昨今の大学入試英語を見 …

no image

日本史オール・イン・ワン

今週の教材は、「日本史オール・イン・ワン」です。 この教材は、その名の通り歴史の流れや史料などが一まとめになったものです。 基本的には教科書のように読んでいくものですが、受験に必要な知識を効率よく押さ …

no image

日本史10分ドリル

今週の教材は、代々木ライブラリーの「日本史10分ドリル」です。 この教材は参考書ではなく問題集です。ただ、“ドリル”という形式は珍しいので、取り上げました。 社会の学習に限りませんが、学習では『インプ …