テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第5章:指数・対数関数]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
五回目の今日は、数学Ⅱの第5章「指数・対数関数」です。
今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。

ですが、今までの傾向を見ていると、計算問題のボリュームが増えていそうな気はします。
おそらく、指数方程式・対数方程式などの計算問題が追加されているのでしょう。


まず、旧課程の数学Ⅱの「指数・対数関数」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…30
STEP B(標準)…31
発展問題…4
=============
問題数合計…65

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…29
STEP B(標準)…34
発展問題…5
=============
問題数合計…68

問題数だけを見れば、あまり変化はありません。
STEP Aが減っていますが、これは今まで2つに分かれていた問題が1つにまとめられたことが原因です。
ですので、小問まで見てみれば、概ね今まで通りです。

ただ、STEP Bが数問増えています。
これはやはり予想通り、指数方程式と対数方程式の計算問題が増えているからです。
ただ、それほど易しいものではなく、若干難しめの計算問題ですが。

今日は以上になります。
ここはほとんど変化無しでしたが、全体的に計算量を増やしていく方針は一貫しています。
数学ⅡBの中では、比較的易しいと思われる単元ですので、早い時期から練習を重ねて得点源にしましょう。

次回は「微分・積分」です。
ここは目に見える変化があると想像されます。
難しい話ですが「扱う式次数制限が緩やかになった」ため、四次以上の関数が登場する可能性があるのです。
詳しくは次回の記事をご参照ください。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第3章:図形と方程式]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 三回目の今日は、数学Ⅱの第3章「図形と方程式」です。 前回と同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありません。 ですが、数学Aで …

no image

ドラゴン桜式数学力ドリル 数学I・A

今週の教材は、数学の問題集「ドラゴン桜式数学力ドリル 数学I・A」です。 これはかなり薄い教材です。問題数もそれほど多くはありません。 では何故紹介するかと言えば、数学が苦手だったり、計算が遅いと思っ …

no image

関正生の英文法POLARIS2 応用レベル

ここのところ授業が立て込んできており、その関係上なかなか記事を書けなくなってきてしまいました。この時期に受験生に必要な情報を少しでも届けたいという思いで、できるだけ毎週更新していく気持ちで取り組んでい …

no image

数学B 高速トレーニング 数列編

今週の教材は、東進ブックスの「数学B 高速トレーニング 数列編」です。 今までも数学の教材を何冊か取り上げましたが、それらは大体が網羅系、つまり、全範囲を万遍なく扱った参考書だったのです。 ですが、こ …

no image

世界史要点 図解整理ハンドブック

今週の教材は、旺文社の「世界史要点 図解整理ハンドブック」です。 この教材をカテゴリー分けするのは少し難しいですが、あえて言えばサブノート的に使えるものです。 とは言っても書き込むスタイルではないです …