共通テスト 大学受験 英語

共通テストプレテスト分析(Ⅰ)

投稿日:8月 10, 2020 更新日:

こんにちは。ナンバー・ゼロです。

今年は梅雨がなかなか明けず、さらには集中豪雨もあちらこちらであって、コロナ禍の中で想像できないほどの被害を受けた方々が数多くいらっしゃいます。何もできない身ではありますが、一日も早い復興をお祈りいたします。

ナンバー・ゼロは、本業の学習塾に力を入れ、休校措置などで学習に遅れが生じている生徒さんをしっかりサポートしていきます。学習面でお困りのことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。

さて、今回から、2018年11月実施の共通テスト英語リーディングのプレテストを用いて分析をしていきます。設問ごとのコメントに関しては、できるだけ解説というよりは、他の設問にも利用できるような取り組み方や、テクニックなどをメインにしていく予定です。

まずは第1問です。配点やCEFRのランク等は以前の『共通テストとは』の記事を参照してください。第1問の問題文にざっと目を通すと、英文は非常に読みやすく平易な内容だと感じるのではないでしょうか。ということは、設問の意図に的確に応え、何が解答として要求されているのかを正確に判断できるかが、得点できるかどうかのカギになるでしょう。
予想される英文のジャンルとしては、今回のプレテストのような手紙やウェブサイトの広告(告知)、掲示物やパンフレットなどが考えられます。このジャンルは、センター試験の過去問を解いた経験がある生徒さんならお気づきかもしれませんが、第4問Bとよく似ています。

今回は第1問Aについて見ていきましょう。
手紙(リード文では『note』となっています)から必要な情報を読み取る問題です。この問題だけに限らず、リード文(前置き)がある場合は慌てて読み飛ばしたりせず、必ずしっかり読む癖をつけてください。他の科目でも同様ですが、リード文(前置き)には状況が書かれているので、解答の手掛かり、あるいは根拠になる可能性さえあります。
さて、全体的な取り組み方としては、英検の対策などで耳にしている生徒さんも多いでしょうが、設問の表現を手掛かりにして、本文中に同じ表現あるいは言い換え表現を探すということがメインになります。
ただし、CEFRのランクにもあった通り、書き手の意図を読み取る必要もあるため、ストレートに設問の表現が出てこないことが多々あります。その場合は落ち着いて、設問、選択肢、問題文をセットにして検証してください。結局のところ、大雑把なことを言ってしまえば、問題文に書かれていないことは答えにならないので、それを根拠に選択肢を絞ることができます。

⇓⇓⇓問題はこちら⇓⇓⇓
第1問A

【Comment】
問1
 選択肢の先頭が疑問詞(形としては関節疑問文)になっています。疑問詞の問うている内容を考えながら、本文中に根拠を探すと良いでしょう。
問2
 設問の『invite』に着目して、本文中に『invite』を探してみましょう。他の単語であれば言い換えになっているかもしれないので、そこは常に意識すること。選択肢の『a few』や『all』には注意して、本文と照らし合せるように心がけると、ひっかけの選択肢に惑わされなくなります。

英語に限らず、言葉、単語、熟語の正確な意味を押さえておくことは非常に重要です。常に正しい言葉の使い方、意味を意識しながら学習する習慣をつけるといいと思います。

-共通テスト, 大学受験, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~疑問詞と疑問文

ここのところ、暖かくなったり寒くなったりで、天候の変化が激しいですね。 これを書いている私ももちろん体調管理がとても難しいですが、特に受験生の皆さんは体調管理に気を遣ってください。 マンガやドラマのよ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~5文型 Part2

さて、今回は文型のポイントをもう少し見ていきましょう。 自動詞と他動詞の識別はできていますか?なかなか難しいでしょうが、英語を得点源にできるかどうか今後を左右する大切なところです。 ここからは前回のポ …

no image

夏休みにやっておきたいこと~現代文編

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 現代文の学習というと、何をやったらいいのか少し悩んでしまう生徒さんも多いかと思います。確かに、自分も高校時代何をやっていたかと振り返ってみると、学校の授業以外たいした …

no image

早稲田と慶応(その2)

今日は昨日の続きで、W合格のデータを読むときの“前提”について考えていきます。 まず大切なことは、早稲田と慶応とでは受験科目が異なる、という事実です。 正確に言うと、慶応文系学部の受験科目は一般的な私 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~品詞

さてこれからは、実際に授業でこの教材を使用した例を用いて話を進めていきますね。 この教材は26講構成になっていて、初めの第0講は『品詞』です。 実はこの品詞という概念が相当に厄介なようで、今までの経験 …