テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第2章:複素数と方程式]

投稿日:

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。
二回目の今日は、数学Ⅱの第2章「複素数と方程式」です。
この単元は、特に新しく加わった項目はありません。
数学Ⅲにおいて"複素数平面"が復活していますが、特に数学Ⅱには影響は与えないでしょう。

あまり変化がなく、面白味に欠けると言った話もありますが、果たしてどうでしょうか?


まず、旧課程の数学Ⅱの「複素数と方程式」の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…24
STEP B(標準)…46
発展問題…5
=============
問題数合計…75

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…26
STEP B(標準)…44
発展問題…7
=============
問題数合計…77

一見すると、問題数にはあまり変化が無いように見えます。

ただ、STEP AとSTEP Bの構成比率が少し変化しています。
これは、旧課程ではSTEP Bに入っていた問題が、新課程ではSTEP Aへと移行しているためです。
計算問題をSTEP Aに移行して、基礎レベルの厚みを増そうという意図でしょう。

他には、「3次方程式の解と係数の関係」が発展内容と明記されるようになりました
旧課程では特に導入もなく問題が出ていましたが、新課程では節の始めの部分に公式を紹介しています。

また、数学Aから「二項定理」が移行してきた影響として、「二項定理」を用いた計算問題が新しく加わっています
二項定理を使うと、次数が大きくなる計算が簡単になります。
このような問題は今後も増えてくると予想されるので、二項定理は使えるようにしておくべきでしょう。

今日は以上になります。
予想通り劇的な変化はありませんでしたが、細かい変化を見つけられるとうれしいですねぇ。
これらの変化が将来的には入試問題の変化点になると思われるので、今から気をつけておいて無駄はないはずです。

次は「図形と方程式」ですか…
細かな変化を見落とさないように、集中して研究したいと思います。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第1章:式と証明]

今日はメジャーな傍用問題集である数研出版の「4STEP」について、その変更点をまとめます。 数学ⅡB自体は旧課程と新課程で特に大きな変更点はありません。 (大きな変更は、数学ⅠAとⅢに集中しています。 …

no image

新旧「黄色チャート数学Ⅲ」の比較(その1)

先週予告しましたように、「黄色チャート数学Ⅲ」について新旧課程の比較をしてみたいと思います。 そろそろ数学Ⅲへ突入する高校2年生の方、ぜひ参考にしてくださいませ。 まずは問題数など、分量的な面で比較し …

no image

関正生の英文法POLARIS2 応用レベル

ここのところ授業が立て込んできており、その関係上なかなか記事を書けなくなってきてしまいました。この時期に受験生に必要な情報を少しでも届けたいという思いで、できるだけ毎週更新していく気持ちで取り組んでい …

no image

世界史要点 図解整理ハンドブック

今週の教材は、旺文社の「世界史要点 図解整理ハンドブック」です。 この教材をカテゴリー分けするのは少し難しいですが、あえて言えばサブノート的に使えるものです。 とは言っても書き込むスタイルではないです …

no image

英単語 WIZ1900

今週の教材は、Z会の英単語帳「英単語 WIZ1900」です。これは去年の夏に新しく発行された単語帳です。 Z会というと、「速読英単語シリーズ」が名著として名高いですが、これはどんなものなのだろうか、と …