共通テスト 大学受験 英語

共通テストとは(Ⅲ)

投稿日:7月 13, 2020 更新日:

こんにちは。ナンバー・ゼロです。

久しぶりに旅行に行きました。犬連れなので、ある程度場所が限られてしまうのですが、今回は今まで犬連れで行ったことのなかった軽井沢へ行きました。もともとあまり外に出る気はなかったのですが、なぜか毎日眠すぎて、ほとんどホテルでゴロゴロ居眠りをして過ごしてしまいました。私は甘いものには目がないので、軽井沢では有名なチョコレートの専門店に行き、しっかりとお土産(もちろん自分用含む)を購入してきました。

それでは、今回からは共通テストの難度つまりCEFRとの関係について見ていきます。

④CEFR(セファール)とは何か
 まずはCEFR=Common European Framework of Reference for Languagesについてですが、すでにご存じの方も多いでしょう。ヨーロッパ諸国では『外国語の習熟度を測る指標』として広く用いられています。
 ランクが6段階の『A1,A2,B1,B2,C1,C2(易⇔難)』に分類されており、共通テストでは、A1、A2、B1に準じた問題が出題されます。プレテストの実施要綱等でも発表されていますが、問題ごとにCEFRとのレベル対応がきちんと決められています。

それでは、共通テストで出題されるランクをひとつずつ確認していきましょう。
【A1】
①日常生活に関連した身近な提示、カタログ、パンフレットを読んで、自分が必要とする情報を読み取れる。
②身の回りの事柄に関して平易な英語で書かれたごく短い説明を読んで、イラストや写真などを参考にしながら、概要や要点を把握・推測することができる。また、情報を事実と意見に整理することができる。
③平易な英語で書かれたごく短い物語を読んで、イラストや写真などを参考にしながら、概要を把握することができる。
【A2】
①平易な英語で書かれた広告、パンフレット、予定表を読んで、自分が必要とする情報を読み取れる。また、書き手の意図を把握できる。
②身近な話題に関して、平易な英語で書かれた短い説明を読んで、概要や要点を把握することができる。また、情報を事実と意見に整理することができる。
③平易な英語で書かれた短い物語を読んで、概要を把握することができる。
【B1】
①比較的短い記事、レポート、資料を読んで、自分が必要とする情報を読み取れる。また、書き手の意図を把握したり、論理の展開を把握できる。
②身近な話題や馴染みのある社会的な話題に関する記事やレポート、資料を読んで、概要や要点を把握したり、情報を整理することができる。また、文章の論理展開を把握し、要約することができる。
③短い物語を読んで、概要を把握することができる。

このようなランク分けになっています。次回は、具体的にどの問題がどのランクなのか、プレテストの出題を用いて確認していきます。

-共通テスト, 大学受験, 英語

執筆者:

関連記事

no image

センター英語【第2問:文法・語法】

こんにちは。 そろそろ新学年の授業がスタートしようかという時期ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 準備に忙しいことと思いますが、くれぐれも体調にはお気を付けください。 暖かかったり寒かったりが …

no image

国立大学受験について:勉強方針

今日は、国立大学受験に向けた勉強方法について考えていきたいと思います。 入試形式が異なる以上、勉強方法にも小さくない違いがあります。 早い段階から国立を意識した勉強を行うことで、合格の可能性を高めるこ …

no image

新年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。ナンバー・ゼロです。 令和初の新年が明け、センター試験が迫ってきました。受験生の皆さんにとっては、お正月も受験勉強に取り組み、普段と変わらない生活をしていることかと思い …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~終わりに

2月に入ってしばらく経過し、受験生にとってはある程度入試本番を体感できている時期かと思います。 私立大学の入試は3科目というところが多いとは思いますが、各科目間のそれなりに長いインターバルの過ごし方は …

no image

過去問演習のサポート[文教大学2014年度英語 Part2]

今日で国公立の前期試験が終了しました。 今後残っている入試はいわゆる2次募集的なものです。大学によっては「後期」「3月入試」などと名前をつけています。 どうしても第一志望にという受験生も多いですから、 …