共通テスト 大学受験 英語

共通テストとは(Ⅱ)

投稿日:7月 6, 2020 更新日:

こんにちは。ナンバー・ゼロです。

先日、この年齢になって初めてオープンカーを運転する機会が3日ありました。梅雨真っただ中で天気がいくぶん怪しいかと思いきや、初日は曇り、2日目はカンカン照り、3日目は曇りのち雨という感じで、ルーフを空けて走行することができました。人目が気になって恥ずかしいのかと想像していたのですが、むしろ無神経だったのか(笑)まったく気にならず、むしろ爽快感溢れる気分で楽しかったです。天候に左右される要素は多分にあるとはいえ、次はオープンカーを買おうと考えてしまいました。

さて、今回は特に英語リーディングに絞って、センター試験と比較しながら特徴を見ていこうと思います。参考にするのは2018年11月に実施された第2回プレテストの趣旨、問題です。
②センター試験との違い
 試験時間は80分でセンター試験の英語・筆記と変わらないのですが、満点が200点から100点に変更されました。それよりも一番の大きな変更点は、センター試験の第1問、第2問で出題されていた発音・アクセント問題、文法・語彙問題、整序英作文などが出題されていないところです。
 その分、読解問題(まさにリーディング問題)が中心の構成となっており、プレテストの総語数はおよそ1000語増えることとなりました。一つ一つの英文を見てみると、センター試験よりは読みやすい印象ですが、総語数が増えたことで、読解メインの演習を積んでいかないと、センター試験よりもさらに制限時間内に解き終えることが難しいと感じるかもしれません。
③共通テストでの英文
 センター試験の第4問、第5問、第6問のような形式の英文と設問に加えて、より実生活に近いと感じられるタイプの英文が出題されるようになりました。例えば、ウェブサイトの説明であったり、ブログの記事であったり、実際に英語を利用して生活する場合に身近にある文章です。
 もしかするとTOEICなどの英語検定試験を受験したことのある生徒さんたちならば思い当たるかもしれません。TOEICはまさに実用・ビジネス英語ということから、メールのやり取りや、アパートの賃貸契約書などが出されています。これをもう少し学生向けにしたようなものというイメージでしょうか。

今回はここまでとします。次回はプレテストの問題を実際に取り上げて、どのような全体構成になっているかを見ていきたいと思います。

-共通テスト, 大学受験, 英語

執筆者:

関連記事

no image

平成27年度(2015年度)センター試験の数学IA(その2)

今日は昨日の続きで、数学IAがセンター試験においてどのように変化するかについてまとめていきます。(前日の記事はこちら) 昨日は数学Aでの単元選択の話を書きましたので、今日は「数学Aをどのように学習すべ …

no image

私立文系での政治・経済受験

以前、「私立文系での数学受験」という記事を書きました。 これがなかなか好評でしたので、今日は『政治・経済』について書いてみたいと思います。 題して、第二弾「私立文系での政治・経済受験」です。 一般的な …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~関係代名詞 Part1

皆さんは年末年始いかがお過ごしでしょうか。クリスマス、正月などのイベントを堪能できる状況でしょうか。 それとも「盆も正月もない」状況でしょうか。 今回で今年最後の投稿になります。私の方は何とか今年も生 …

no image

国公立2次試験倍率を見て

現在、国公立大学の2次試験倍率が発表されています。まだ確定ではありませんが、センター試験の難化と昨今の経済状況から、概ね予想通りの展開にはなっています。 まず、センター試験難化の影響で、最難関大学は志 …

no image

大学入試 異例のシーズン

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今回の記事のタイトルですが、読売新聞2020年9月28日の夕刊からそのまま引用させていただきました。以下、引用部分は『』を付して掲載します。 もちろん、『異例』の原因 …