大学受験

センター英語【第2問:文法・語法】

投稿日:

こんにちは。
そろそろ新学年の授業がスタートしようかという時期ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
準備に忙しいことと思いますが、くれぐれも体調にはお気を付けください。
暖かかったり寒かったりが続いていますので、体調も崩しがちです。

今日は大学入試センター試験の英語について書きたいと思います。
センター英語では、マークシートながら様々な種類の問題が出てきます。
配点は長文重視になっていますが、高得点を目指すには文法問題を捨て置くことはできません。
具体的に言うと、第2問に文法・語法問題が20点分含まれていますが、ここで失点する人が思いの外多いのです。
「基本的なことを問うセンターで、なぜ文法問題で?」と思われる人もいるでしょう。
それには理由があり、『文法問題があまり出題されず、語法やイディオムの比重が大きくなっている』からなのです。
データも交えて、具体的に見てみましょう。


まず、過去4年間のデータから、"文法"と"語法"の比重がどう変化しているのかを追ってみましょう。

平成22年度…文法2問+語法・イディオム8問
平成23年度…文法2問+語法・イディオム8問
平成24年度…文法4問+語法・イディオム6問
平成25年度…文法5問+語法・イディオム5問

と、このように「文法問題」とは言いつつも、「語法・イディオム」の比重がかなり大きいのです。
ここの配点は1問2点ですから、語法・イディオムが全滅すると、10点以上を失うことになります。
8割以上を目指す人にとっては、これは痛恨の失点です。
ここ2年で比重は小さくなったように感じられますが、今後再び大きくなる可能性もあり、対策は必須です。
(もちろん他の大学などでも語法・イディオムは出ますので、その意味でも必須です。)

対策するといっても、何を使って対策をするのかと言う話になります。
ここでは語法対策に使える参考書をいくつか挙げておきます。
もちろん語法対策だけでなく、文法もアクセントも全て対応できますので、1つ選んで何周も繰り返しましょう。

NextStage(ネクステージ)【ピアソン桐原】
UPGRADE(アップグレード)【数研出版】
GRAMMARMASTER(グラマスター)【Z会】

①のネクステージは2011年改訂、②のアップグレードは2009年改訂、③のグラマスターは2012年改訂とどれも新しい教材です。
どれもCDが付属していますので、リスニング対策も兼ねて勉強することが出来るでしょう。
レベルで言うと、①と②は同じくらいで、③は少し単語が易しいです。
ですので、英語に自信がない人は③を選択するといいのではないでしょうか?

①と②の違いでは、①は無料音声ダウンロードも可能です。
これはCDには未収録の英文がダウンロードできるサービスです。
しかしながら、こればかりは実際に手に取って比べて、好きな方をお使いください。
それほど違いはないと思います。

使い方について軽く触れておきますと、『何周も繰り返す』ということです。
「1回で完璧にする」ことなど到底不可能ですので、忘れる前提で何周もしましょう。
繰り返すうちに、英語が体にしみこんでくるでしょう。

本日は以上です。
いかがでしたでしょうか。

紹介した3冊のうちのどれを使っても、それなりの効果は見込めます。
大切なのは『早く始めること』です。
悩んでいるよりも、まずやってみるべきです。ダメなら他に変えればいいだけですから。
受験は待ってはくれませんので、時間を大切に使いましょう。

それでは。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本の研究機関ランキング

先日こんなニュースがありました。 論文の引用動向からみる日本の研究機関ランキング このランキングは、各大学で書かれる論文がどれだけ評価されているのかを示すものです。 基本的に理系分野ですので、文系が強 …

no image

共通テストとは(Ⅱ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先日、この年齢になって初めてオープンカーを運転する機会が3日ありました。梅雨真っただ中で天気がいくぶん怪しいかと思いきや、初日は曇り、2日目はカンカン照り、3日目は曇 …

no image

【センター試験】国語第1問:評論の傾向と対策

初回は、センター試験の現代文とその他の大学入試現代文との違いをまとめました。 今日は、センターの現代文の第1問である、『評論』について、傾向と対策を見ていきたいと思います。 1.第1問:評論の構成 問 …

no image

オンラインコースでの大学受験

こんばんは。ナンバー・ゼロです。 受験生の皆様の真摯な取り組みのおかげで、今年度のナンバー・ゼロのオンラインコースはいくぶん前に満席になっておりますが、変わらず生徒さんたちは目標の実現に向けて努力を続 …

no image

早稲田と慶応(その1)

早稲田大学と慶應義塾大学と言えば、押しも押されもしない私立最難関であり、国立を含めてもトップクラスの学生が集まる大学です。 両大学とも創立から100年以上経っており、政財界に大きなパイプを持ち、卒業生 …