大学受験

新課程での注意点:数学B

投稿日:

昨日から、旧課程と新課程の変更点についてまとめています。
二日目の今日は数学Bです。
[1]旧課程との比較
まず、旧課程の数学Bのカリキュラムを見てみます。
1.数列
2.ベクトル
3.統計とコンピュータ
4.数値計算とコンピュータ

次に、新課程のカリキュラムを見ます。
1.数列
2.ベクトル
3.確率分布と統計的推測

とまあ、単元で見ると少なくなっていますが、実は3の「確率分布と統計的推測」に他分野からの移行単元が集まっています。


[2]変更点
数列とベクトルに関しては、特に変化なしです。
基本的に3単元から2単元を選択する形になるので、数列とベクトルを選択している場合は入試において特に変化はなさそうです。

ですが、「確率分布と統計的推測」を選択する場合は大きな変化があります。
これは元々は数学Cに組み込まれていた単元でしたので、今までは文系の学生は触れることのなかった単元です。
それが数学Bに移行してきたので、選択の仕方によっては、学習することになります。
また、今までの数学Cの内容に加えて、旧課程の数学Aから『期待値』が移行してきます。
想像するに、大学生が教養課程で学ぶ「統計学」のような内容なのではないでしょうか?

[3]入試への影響
2項でも述べましたように、基本的に3単元の中から2単元を選択する形式です。
ですので、「数列」と「ベクトル」を選択している場合は、今まで通りの問題傾向と考えて良いでしょう。

「確率分布と統計的確率」を選択している場合は、旧課程の数学Cの問題を探さなければならないでしょう。
ただ、出題範囲に指定している大学もそれほど存在しませんでしたので、選択するべきではないのかもしれません。

本日は以上です。
二日間で変更点を見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?
表記に誤り等ございましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。

それでは。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2020年度大学受験実績

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先週ですべての大学受験生の結果が出そろいましたので、2020年度のナンバー・ゼロの実績として掲載します。個人情報に関わる内容なので、①大学名・学部、②出身高校(公立・ …

no image

大学受験英語のテーマ(私立大学編)

昨日の国公立大学編に続きまして、今日は私立大学編をお届けします。 対象とするのは、私立大学の最難関である早稲田大学・慶應義塾大学です。 私立の両雄である早稲田と慶應ですが、その英語は大きく異なります。 …

no image

夏も準備が大切

こんにちは。今日は暑さもほどほどで、この時期にしては過ごしやすい気がします。 天気予報では「激しい暴風の可能性」と脅しをかけてきていますが、はてさてどうでしょうか? 中高生のみなさんはもう期末テストも …

no image

高2向け数学IAの復習(その2)

こんにちは。 今日は昨日に続いて、高校2年生向けの「数学IAの復習」について書きたいと思います。 今日は具体的にいくつかパターン分けして、復習方法を提示したいと思います。 まず、以下の3パターンに分け …

no image

早稲田と慶応(その1)

早稲田大学と慶應義塾大学と言えば、押しも押されもしない私立最難関であり、国立を含めてもトップクラスの学生が集まる大学です。 両大学とも創立から100年以上経っており、政財界に大きなパイプを持ち、卒業生 …