大学受験

大学入試の新潮流

投稿日:

昨日、大学入試に大きな影響を与えるであろうニュースがありました。3年後の平成28年度を目処に、東京大学が推薦入試を導入することが報道されたのです。(ニュースはこちらをご覧ください)

この報道によれば、東京大学での推薦入試導入は創設以来初めてとのことです。
現行の後期入試を廃止し、推薦入試で学生を集めるようです。

少し前から、京都大学でも同じようなニュースがありましたから、これも時代の流れなのですね。
東大も京大も、これによってペーパーテストでは選抜できない、多様な人材を集めたいと考えているのでしょう。
大学でも企業でも、多様性というのは組織の進化には必要不可欠な要素です。
同じような人しかいない、画一化された組織ではイノベーションも起きようがないわけですね。


一般の大学とは異なり、東大や京大にはこの国を引っ張っていける人材が求められています。
ですから、そこで停滞が起きると、将来的にこの国全体が停滞しかねません。
「しっかりした学生」だけを輩出するのが彼らに課された役割なのではなく、「今までにない学生」を輩出するのも同等に大切なのです。

ただ、これで勉強せずとも東大に入れるかというと、そんな世の中は甘くありません。
定員は前期の3000人に対して、約100人程度とのことです。
これは現行の後期入試とほぼ同じですが、この数字を比べるとどうしても前期で頑張った方が楽だと感じてしまいます。

ですのでみなさん、安心して勉強しましょう(笑)
やらないで後悔することはあっても、やっておいて後悔することはないはずです。
宝くじではないのですから、受験で過度なギャンブルをすることのないように準備をしましょう。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

珍事

もう国公立大学の倍率がほぼ確定しています。概して予想通りで、難関大学、特に文系は志願者減でしたね。 しかしながら、国公立の倍率は私立の倍率とは意味が異なりますので、楽な受験にはなりません。 入学辞退者 …

no image

よいお年をお迎えください

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 先ほど今年の最後の授業が終わりました。ある程度はきちんと休みを取らないといい仕事ができないと常々考えているため、年末年始は数日休みを取るようにしているのですが、今年は …

no image

大学受験英語のテーマ(私立大学編)

昨日の国公立大学編に続きまして、今日は私立大学編をお届けします。 対象とするのは、私立大学の最難関である早稲田大学・慶應義塾大学です。 私立の両雄である早稲田と慶應ですが、その英語は大きく異なります。 …

no image

大学入試 異例のシーズン

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今回の記事のタイトルですが、読売新聞2020年9月28日の夕刊からそのまま引用させていただきました。以下、引用部分は『』を付して掲載します。 もちろん、『異例』の原因 …

no image

全受験生の授業が終了しました

こんばんは。ナンバー・ゼロです。 今日の授業をラストに2020年度の受験生の授業が終了しました。今年度もなかなか思うような結果が出せず、3月入試までトライしていた生徒さんがいましたが、今日で終了となり …