テキスト

Z会の数学 入門 数学I・A

投稿日:

しばらく神奈川県入試シリーズが続きましたが、今日からまた教材紹介を再開します。
今週の教材は、Z会の問題集「Z会の数学入門 数学IA」です。
Z会というと、速単を筆頭に英語のイメージが強いですが、数学も色々と取りそろえています。
今日はその中でも、基本的なレベルの問題集の紹介です。

ただここで注意して頂きたいのは、これは旧課程の問題集だと言うことです。
ですので、2013年4月に高校3年生になる人にはフィットしていますが、1・2年生になる人ですと足りない単元があります
そこに注意しながら、以下の紹介をお読みくださいませ。
※数学Ⅰの「データの分析」、数学Aの「条件付き確率」「作図」「整数の性質」が収録されていません。

ご購入はこちらからどうぞ→Z会の数学入門 数学IA


1.特徴
先ほど「参考書」としないで「問題集」としたのは、これは辞書的に使うのではなく、問題を解いて復習するために使うべきと考えるからです。
「参考書」の代表格はチャート式ですが、あれを全て通して学習する余裕がない受験生が多いのは事実です。(もちろん、時間があるならやるべきですが)
『他の科目もあり、数学だけをやっているわけにはいかない』という受験生には、この問題集が最適と考えます。
その特徴を簡単に言うならば、「適度なボリュームで、適度な濃さの解説がある問題集」です。
どんな人が使うべきかと言えば、「数学を受験で使うが、IAの内容に不安がある受験生」です。
得意な人はこれを飛ばして「チェックアンドリピート」などを使うべきですし、この問題集の解説では不足な人は個別指導塾などに通うべきです。

2.長所
まず何と言ってもそのボリュームです。
100の例題がありますが、例えば1日に4題進めたとしても1ヶ月かからずに一周することが出来ます。
時間がいくらあっても足りない受験生には、この1ヶ月という期間は魅力的です。
一周目で出来なかった問題だけを二周目でやったとしても1ヶ月半あれば十分身につけられるはずです。
ある程度自信のある人は、「類題をやって、出来ない問題だけを復習する」というスタイルでもOKです。

また、レベルも「基礎」としては十分です。
これだけ分かっていれば、他の問題集の解説を読めるようになりますので、一段上のレベルに手を出せるようになります。
目指すレベルにもよりますが、この次に「チェックアンドリピート」を繰り返せば、それで過去問へ進めるようになるでしょう。

3.短所
「復習」に使う分には、短い期間で終えられることが長所ですが、苦手な人には練習量が不足してしまいます。
問題集を一周すると、学力が上がった“気”になってしまいがちで、これは大変危険です。
ですので、苦手な人は学校の傍用問題集(クリアーや4STEP)などで反復練習を重ねる必要があります。
市販教材ですと、駿台文庫の「カルキュール」シリーズあたりでしょうか。

言うまでもありませんが、得意な人でも苦手な単元が見つかったら、上記のように反復練習を重ねるようにしましょう。

今回のテキスト紹介は以上です。
いかがでしたでしょうか?
今はちょうど学年が切り替わる時期です。合わせて、勉強方法を見直してみるのもよいでしょう。
受験までの時間は、思ったよりも短く感じるものです。後悔のないよう、しっかりと準備をしましょう。

当教室では、勉強方法などについての学習相談を随時受け付けております。
もうすでに他塾に通われている方も、セカンドオピニオンとしてどうぞご利用くださいませ。
お問合せはこちらのウェブサイトからよろしくお願いします。

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

英単語 WIZ1900

今週の教材は、Z会の英単語帳「英単語 WIZ1900」です。これは去年の夏に新しく発行された単語帳です。 Z会というと、「速読英単語シリーズ」が名著として名高いですが、これはどんなものなのだろうか、と …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数Ⅱ第6章:微分法・積分法]

先日に続けて、数研出版「4STEP」の変更点をまとめていきます。 六回目の今日は、数学Ⅱの第6章「微分法・積分法」です。 今までと同様に、この単元でも特に新しく加わった項目はありませんが、関数の次数制 …

no image

田村のやさしく語る現代文

今週の教材は、代々木ライブラリーの「田村のやさしく語る現代文」です。 この教材は、現代文の基礎になる読解の方法論を学ぶためのものです。 タイトル通り、本当にやさしい内容ですので、現代文が苦手な人でも抵 …

no image

関正生の英語長文POLARIS1 標準レベル

引き続き「POLARISシリーズ」を取り上げていく、テキスト紹介コーナー。前回まで「英文法シリーズ」を取り上げていましたが、今回から「英語長文シリーズ」を取り上げていきます。英文法の「発展レベル」の対 …

no image

数学I・A BASIC 100

今週の教材は、駿台文庫の「数学I・A BASIC 100」です。 これは新課程対応ですので、現在の高校1・2年生向けの教材になります。ご注意ください。 どのような教材かと言いますと、「短期間で数学ⅠA …