高校受験

神奈川県入試の変更点【数学】

投稿日:

昨日の英語に続いて、今日は数学をとりあげます。
変更点を挙げる前に、今までの神奈川の問題構成を見ておきます。

【第1問】・・・小問(10点)
【第2問】・・・小問(10点)
【第3問】・・・関数(6点)
【第4問】・・・確率(6点)
【第5問】・・・方程式(6点)
【第6問】・・・空間図形(6点)
【第7問】・・・平面図形(6点)
===============
【合計】・・・・・50点

こんな感じでしたね。
この形式は10年ほど変わっていないので、対策は立てやすかったわけです。

それが今年はこんな感じに、

【第1問】・・・小問(12点)
【第2問】・・・小問(32点)
【第3問】・・・関数(12点)
【第4問】・・・確率(12点)
【第5問】・・・方程式(10点)
【第6問】・・・空間図形(12点)
【第7問】・・・平面図形(10点)
===============
【合計】・・・・・100点


以下、各大問を個別に見ていきます。
第1問、第2問は変化がありません。総得点に占める割合は40%→44%と若干上がっています。
第3問は変化ありませんが、反比例はあまり出題がなかったので、戸惑う人も多かったかもしれません。
第4問は同じ確率ですが、小問数が2つから3つへと変わっています。また、(ウ)は難度が高いです。
第5問は大分傾向が変わりました。数値を求める問題から証明問題へと変わりました。
第6問は同じ空間図形ですが、小問数が2つから3つへ変わっています。これもまた(ウ)は難度が高いです。
第7問は平面図形の証明ですが、求角の問題が無くなって、全証明のみになっています。ですが、これは易しいです。

全体を通してみると、難しい問題が少し増えたかなという印象です。
そもそもが差を付けるべくして行われた制度改革ですから、その目的に合わせた問題になったと考えれば理解できます。
ですが、無理のある問題というわけではなく、あくまで標準的な内容です。

今後の勉強の方針としては、部分的な解答をつくる段階で終えるのではなく、最後まで解答を書くという当たり前の作業を積み重ねることです。
ひねった問題が出ているわけではありませんので、多くの問題を適切な方法で解くように心掛けてください。
大多数の人にとって、数学で必要なのはセンスではなく、パターンの積み重ねです。

最後になりますが、当教室では、上記のような当たり前のことを当たり前に出来るようにする指導を行っています。
「何をしたらいいか分からない」ですとか「今のままでは不安」という方、ぜひ一度お話を聞かせてください。
もしかしたらその不安をなくせるかもしれません。お問い合わせいただければうれしいです。

それではまた。

-高校受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

平成25年度神奈川県入試解説【社会-地理編】

こんにちは。大分暖かくなり、そろそろ本当に春だなと思える気候になりましたね。 先日まで、神奈川県公立高校入試の変更点について見てきましたが、今日はそのうちの社会について部分的に解説をしたいと思います。 …

no image

平成26年度神奈川県公立高校入試の日程

昨日、平成26年度神奈川県公立高校入試の日程が発表されました。 平成26年度入試とは、「平成26年4月に高校1年生になる」学年の人が受ける入試です。 (一般的な年度表記とは1年ずれますから、お気をつけ …

no image

2013年度神奈川県公立高校入試倍率(確定)

神奈川県の公立高校入試の倍率が確定しました。詳細はこちらのページをごらんください。 定員割れしていた高校に受験生が流入し、定員割れの規模が小さくなっています。 倍率の高かった横浜翠嵐高校、鎌倉高校、湘 …

no image

神奈川県入試の変更点【理科】

神奈川県入試分析シリーズのラストは理科です。 いつも通り、最初に今までの問題構成を見ておきます。 【第1問】・・・小問集合【物理】(5点) 【第2問】・・・小問集合【化学】(6点) 【第3問】・・・小 …

no image

神奈川県入試の変更点【国語】

週の最後に国語をとりあげます。 変更点を挙げる前に、今までの問題構成を見ておきます。 【第1問】・・・漢字・語い・敬語(11点) 【第2問】・・・小説(13点) 【第3問】・・・論説文(16点) 【第 …