大学受験

珍事

投稿日:

もう国公立大学の倍率がほぼ確定しています。概して予想通りで、難関大学、特に文系は志願者減でしたね。
しかしながら、国公立の倍率は私立の倍率とは意味が異なりますので、楽な受験にはなりません。
入学辞退者が少ない国公立と、半分以上が辞退する私立では比較することは困難です。
受験を控えているみなさまはその点に留意してください。

そういえば、今年の東京大学で珍事がありました。
東大を始め、難関大学では基本的に「足切り」を行い、2次試験受験者を一定数に制限します。
ですので、センター試験の点数が不足すると、「足切り」を受けて、2次試験に進めないという悲劇が起こるわけです。


ですが、上記の通り、今年は難関大の志願者は減少しました。
東大では、文科1類つまり文1で志願者が減少し、「足切り」が実施されませんでした。
そうすると、出願した人すべてが2次試験を受験することが出来るわけです。
しかし、そこはさすがの文1、出願者平均点は8割を超えて、734/900点でした。(合格者平均ではないので、ご注意ください)
びっくりするのはそこではなく、出願者最低点にこそ驚きが。。。
出願者最低点は、何と203点。
つまり、センターで2割くらいの得点率でも文1に出願できてしまうのです。

しかも、それでも合格する可能性は十分にあります。
というのは、東大は傾斜配点ですので、センターが110点、2次が440点の計550点で判定を行うことになります。
過去には、350/550点でも合格している年度もありますので、2次で320点くらい取れれば、合格する可能性はあるのです。
そういう意味では、一発逆転が可能な大学であるとも言えます。もちろん言うほど簡単なわけではありませんが。

国公立大学の試験まで、あと一週間です。
受験生の皆さん、ラストスパートで頑張ってください。
ここ横浜で、みなさんの幸運をお祈りしています。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

数学の過去問分析

こんにちは。 続々と甲子園に出場する代表校が決まっていき、ここ神奈川でもベスト8が出そろいました。 引き分け再試合なんて胸熱の展開もありましたが、まあ大体順当な顔ぶれです。 どこが出てもそれなりの結果 …

no image

大学入試 異例のシーズン

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今回の記事のタイトルですが、読売新聞2020年9月28日の夕刊からそのまま引用させていただきました。以下、引用部分は『』を付して掲載します。 もちろん、『異例』の原因 …

no image

国立大学受験について:勉強方針

今日は、国立大学受験に向けた勉強方法について考えていきたいと思います。 入試形式が異なる以上、勉強方法にも小さくない違いがあります。 早い段階から国立を意識した勉強を行うことで、合格の可能性を高めるこ …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅹ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 以前も祝日の話で「敬老の日」について触れたことがありますが、今年の10月のカレンダーを見て、「あれ、体育の日がないぞ」と思った方は相当数いるのではないでしょうか。かく …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅸ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ここのところ朝晩はようやく涼しくなり、エアコンなしでも快適に過ごせるようになりましたね。とはいっても、日中の気温はまだまだ25℃を超える日もあり、汗かきの私など、外に …