大学受験

国公立2次試験倍率を見て

投稿日:

現在、国公立大学の2次試験倍率が発表されています。まだ確定ではありませんが、センター試験の難化と昨今の経済状況から、概ね予想通りの展開にはなっています。

まず、センター試験難化の影響で、最難関大学は志願者が前年度割れしそうです。
ここ関東で言えば、東京大学がそれにあたります。
文系学部はともかく、理系学部では志願先を東京工業大学に移した受験生が少なくない数存在すると考えられます。
文系は、昨今の不景気の影響で人気薄で、そもそもの受験者数が少なくなっていると考えられ、特に一橋大学では大幅に志願者が少なくなるようです。


それでは地元神奈川はどうかと言いますと、現状では例年と大きくは変わらないのではないかと思われます。横浜国立大学は、理系学部は前年比増になりそうですし、文系学部もセンター試験難化で一橋大学に出願できなかった受験生や早稲田大学・慶應義塾大学に重きを置いている受験生の人気を集めるのは例年通りです。
ただ、横浜市立大学は、今年から受験方式の変更があり、比較は難しいところです。
ですが、不景気で国公立の人気は高まっていること、私立型の科目選択でも受験できることから、志願者が増えることはあっても減ることはないのではないかと思われます。

すべての国公立大学の出願状況は今週中には確定します。
私立大学の出願状況も含めて、注目しておきたいところです。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2021年度大学受験実績

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ご家庭からの報告がおおよそ一段落つきましたので、2021年度のナンバー・ゼロの実績として掲載します。個人情報に関わる内容なので、①大学名・学部、②出身高校(公立・私立 …

no image

共通テストとは(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 8月に入りましたが、学校によってはまだ期末テストを実施しているところもあります。夏休みが短くなり、受験生にとっては予定を組むのが非常に難しい状況になるかもしれませんね …

no image

夏休みにやっておきたいこと~英語編

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今年は夏休みと言えるほどの長さの休みがあるかどうかは、学校によって微妙なところですが、今のところ大学受験のスケジュールは例年通りであると発表され、その後、特に変更はさ …

no image

平成27年度(2015年度)センター試験の数学IA(その2)

今日は昨日の続きで、数学IAがセンター試験においてどのように変化するかについてまとめていきます。(前日の記事はこちら) 昨日は数学Aでの単元選択の話を書きましたので、今日は「数学Aをどのように学習すべ …

no image

【センター試験】センターの現代文とは

高3生・既卒生ですと、そろそろセンター試験について考えている人も多いかと思います。 そこで、今日から数回に分け、『センターの現代文』の分析と解法をまとめます。 センターでは古文と漢文の対策が取りやすい …