英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~比較 Part1

投稿日:

とうとう2月になりましたね。
中学入試が本格的に始まり、中高一貫校の生徒さんたちは楽しい(?)試験休みを過ごしていることかと思います。
私が担当している生徒さんもお休みを利用して、お台場のジョイポリスに行ってきたそうです。
私が学生の頃は横浜にもジョイポリスがありましたが、オープンした当時から結構さびれており、閉鎖してしまってからかなり経過するように思います。
たまたま私たちが遊びに行った際に当時ドラマに多く主演していた女優の田中美佐子さんに会いましたが、皆さんには誰だか分かるのでしょうか。
まさにジェネレーションギャップを感じそうです。

さて、雑談はこれくらいにして、比較の話に入りますが、とうとうこの単元で教材が終了ということになります。
順序をいくつか入れ替えはしましたが、もちろん教材順に進めていただいて、この投稿をそれに合わせて参考にしていただいてもOKです。
ある程度基礎知識が備わっている生徒さんの場合は、自分にとって必要なところを拾うのでも構いません。
ただ、英語が苦手な人たちは必ず一冊を仕上げるということを心がけてください。一通り体系的に学習していかないと、本当の力というものは付きにくいからです。
比較に話を戻しますが、教材の比較①では原級と比較級について取り上げています。
分類の仕方が非常に分かりやすく、いかにも英文法という趣ではないので、英語アレルギーの人たちにも大変取り組みやすいのではないでしょうか。

文章の形などは教材でチェックしていただくとして、ポイントをいくつか挙げていきます。
意外にきちんと理解できていない可能性があるのは、何を比較するかという根本的な問題です。
言い換えると比較の基準になるのは何か、ということになると思いますが、何の話をしているか分かっているでしょうか。
教材の最初の部分でも指摘されていますが、比較できるのは(品詞として)形容詞と副詞です。これが比較の基準とも言えます。
まさに教材に挙がっている通りですが、「どちらが早いか」や「どちらが悪いか」は比べられますが、「どちらがより猿か」や「どちらがより走るか」を比べるのは無理がありますね。

この点を押さえた上で、各級の形をチェックし内容を理解していくようにしましょう。
教材の表現を少し算数的に書き換えて纏めておきましょう。
まずは教材で言う「勝ちから書く」場合ですが、これはつまり比較の基準に対して「A>B」ということですね。この場合は「比較級+than」という形です。
次に「引き分け」の場合ですが、これは「A=B」ということです。この場合には「as+原級+as」という形です。
最後に「負けから書く」場合です。当然「A

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅰ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今年は梅雨がなかなか明けず、さらには集中豪雨もあちらこちらであって、コロナ禍の中で想像できないほどの被害を受けた方々が数多くいらっしゃいます。何もできない身ではありま …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 9月も半ばに入り、色々な面で夏の影響や効果が出てきているのではないでしょうか。学習面でも、例年に比べて短いとはいえ、夏休みで何をしたかが今後の成績に反映されてきます。 …

no image

共通テストとは(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 8月に入りましたが、学校によってはまだ期末テストを実施しているところもあります。夏休みが短くなり、受験生にとっては予定を組むのが非常に難しい状況になるかもしれませんね …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part2

さて、今回は完了時制のポイントに入りたいと思います。 前回の時制のところで触れた「直線」の時間を表すのが、完了時制です。では、ポイントをまとめましょう。 ①現在完了:過去から現在までのつながりのある時 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると ①慣用的な表現 ②過去の事柄に対する助動詞の表現 ということになります。 ①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってし …