英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~仮定法 Part2

投稿日:

私事ですが、先日身内に不幸がありました。
あまりに急なことだったので、衝撃を隠せないのですが、人生本当に何があるかわかりません。
これを読んでいただいている方々にとって、その時間がいかに貴重なものであるのか噛みしめながら、読んだ方々のお役に立てるものを提供していく気持ちがさらに固まりました。
今後もこの気持ちを忘れぬよう仕事に取り組んでいこうと思います。

さて、私事はこの程度にして、まずは以前感嘆文のところで出題した軽い問題の解答を載せます。
①What an interesting book this is!
②How interesting this book is!
これが正解です。きちんとできましたか?

では今回のテーマに入ります。今回も仮定法ですが、Part1のポイントはきちんと押さえられているでしょうか。
Part2では仮定法を含む表現を取り上げます。つまり仮定法の表す時制をきちんと理解していることが前提です。
教材に挙がっているのは「I wish~」「as if~」「It is time~」ですが、ここに出てくるのはPart1で扱った仮定法の「if~」で導かれる部分の文章です。
つまり「I wish~」などの後に仮定法の「if~」の部分が入るということになります。
例えば
 If I could speak English, I would go abroad.
という仮定法の文があるとしましょう。これを「I wish~」の文に入れる場合は
 I wish I could speak English.
とします。これで現実の内容とは異なる表現をしたことになります。
上の文章は「英語が話せればいいのに」という内容になり、「英語が話せれば」の部分に仮定法が用いられているということになります。
教材で取り上げられている表現はどれも基本事項なので必ず仮定法であるということを理解して、きちんと押さえておくとよいでしょう。
余裕が出てきたら、他の問題集や参考書などでもう少し仮定法を含む表現の知識を増やしておくことをお勧めします。

仮定法はパターン(形)を押さえてしまえば確実に得点できる単元です。しかも入試での出題頻度が非常に高い。
仮定法を難しいと感じている生徒たちは、ただ純粋にパターン(形)を押さえていないだけかもしれません。
その場合は、基本文と基本形をきちんと自分の手で書き写し、しっかり覚えることから始めましょう。基本を充実させるには地道な努力が必要なのは言うまでもありません。
そこができていても難しいと感じる場合は、おそらく時制の理解が不十分かと考えられます。
ここまで進んでくるとかなりの学習内容、学習量になっているはずなので、ぜひ時制の総復習をしてみてください。
仮定法だけに限ったことではありませんが、英語の学習には以前の文法事項の理解が必要になってくる単元が数多くあります。
授業を聞いた、本を読んだ、だけではなかなか使いこなせるようにはならないと思いますので、必ず問題演習を行う習慣をつけましょう。
何をやったらいいのか分からない場合は、遠慮無く相談して欲しいと思います。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~受動態

11月も半ばを過ぎ、一般入試を受験する受験生たちはそろそろ志望大学も決まってきたことかと思います。 併願校を決めるのは確かにいろいろな点で難しいですが、日程面で無理のない受験プランを立てられるといいで …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~疑問詞と疑問文

ここのところ、暖かくなったり寒くなったりで、天候の変化が激しいですね。 これを書いている私ももちろん体調管理がとても難しいですが、特に受験生の皆さんは体調管理に気を遣ってください。 マンガやドラマのよ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると ①慣用的な表現 ②過去の事柄に対する助動詞の表現 ということになります。 ①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってし …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~関係副詞

こんにちは。寒い日が続きますね。 受験生の皆さんはセンター試験が終わり、自己採点を終え、リサーチも提出したでしょうか。 体調不良などなく受験できていれば幸いですが、常にベストの状態で臨むのはなかなか難 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part1

さて、教材にそって進めていきましょう。 今回は助動詞です。助動詞という単元はどうしても知識単元になってしまいがちです。 それぞれの助動詞を覚え、その助動詞の意味を覚えなければなりませんから。しかも、ひ …