英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

投稿日:

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると
①慣用的な表現
②過去の事柄に対する助動詞の表現
ということになります。

①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってしまいますから、ここで書くことはやめておきます。
少しだけポイントを言うと「否定文の作り方に注意」することでしょうか。
具体的には、「had better」「ought to」「would rather」などの否定文ですね。
まさか「had not better」とか書いていないでしょうか。きちんと確認してください。

今回ポイントを指摘しておきたいのはやはり②です。こちらを大きくふたつに分けると
(1)現在から見た過去の事柄についての推量
(2)過去の事柄についての後悔
このように、視点はあくまで現在にあることがポイントです。(2)には後悔だけでなく、非難の意味が込められる場合もあります。

まず(1)について、どういうことになるのか、ふたつの文章を比べてみましょう。
It may rain.(雨が降るかもしれない)
It may have rained.(雨が降ったかもしれない)

日本語を見ると「降る」と「降った」が違っています。この「する」と「した」で使い分ける場面が大きく変わってきます。
では、
・朝起きて外を見ると道路がびっしょりに濡れているけど今は雨は降っていない
・朝起きて外を見ると空が真っ暗で雲だらけだけど今は雨は降っていない
どちらに使うのがふさわしい表現か考えてみてください。

次に(2)のポイントです。こちらに関しては共通して「~だったのに」という言葉を文末につけることで表現内容を正確につかむことができます。
私もそうですが、みなさんも「昨日やっておけばよかったのに」ということをよく口にしたり、心の中で思ったりしますね。
ということは国語の表現で言うと反語的な内容が含まれることになります。実際には「昨日やっておけばよかったのに(やらなかった)」ということです。

ちなみに、(1)(2)のどちらも基本形は「助動詞+have+過去分詞」です。教材によっては「助動詞+完了形」と表現してある場合もあります。
助動詞を身につけられれば、表現の幅が広がることになりますので、しっかりマスターしておきましょう。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part1

ついに12月になりましたね。受験生の皆さんは受験を相当に意識してきている時期かと思います。 場所柄を考えると、12/23に神奈川大学の給費制入試を受験する生徒たちも多いのではないでしょうか。 模試とは …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~終わりに

2月に入ってしばらく経過し、受験生にとってはある程度入試本番を体感できている時期かと思います。 私立大学の入試は3科目というところが多いとは思いますが、各科目間のそれなりに長いインターバルの過ごし方は …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅳ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 8月もとうとう今日で終わりですね。生徒さんたちは短いながらも充実した夏休みを過ごせたでしょうか。コロナウイルスの感染拡大のため、思う存分遊んだり、スポーツや部活をした …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅲ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 そろそろ夏休みが終わり、学校が再開した生徒さんも多いのではないでしょうか。スタートから物議を醸し続けている『Go To トラベル』ですが、観光産業にとっては絶好のチャ …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅹ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 以前も祝日の話で「敬老の日」について触れたことがありますが、今年の10月のカレンダーを見て、「あれ、体育の日がないぞ」と思った方は相当数いるのではないでしょうか。かく …