英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part2

投稿日:

さて、今回は完了時制のポイントに入りたいと思います。

前回の時制のところで触れた「直線」の時間を表すのが、完了時制です。では、ポイントをまとめましょう。
①現在完了:過去から現在までのつながりのある時間を示す
②過去完了:過去のある時点から過去のある時点までのつながりのある時間を示す
③未来完了:過去のある時点から未来のある時点までのつながりのある時間を示す
例えば、去年から今までなら現在完了、5年前から3年前までなら過去完了、3年前から来年までなら未来完了、ということになります。
教材の図をよく見て違いをしっかり理解しておきましょう。

これはそれぞれの用法の中の『継続』で考えるとすっきり理解できるのではないでしょうか。
現在完了を初めて学習した中学生などがもっとも混乱するのは『完了・結果』の用法ですね。
中身をきちんと理解していないと、過去形と同じようにしか聞こえませんし、日本語で書くと過去形と完全に同じになってしまいます。
英文で比較してみましょう。

I lost my watch yesterday.(私は昨日時計をなくした)
I have lost may watch.(私は時計をなくしてしまった)

今はあえて下の文を「なくしてしまった」と訳しましたが、正直どちらも変わりませんよね。
日本語訳はどうしても過去形っぽくなってしまうので仕方がないのですが、内容はかなり違うということをここでぜひ押さえておいてください。
ここで一番初めに触れたように、現在完了は「過去から現在までのつながりのある時間」を表します。
それに対して前回見たように、「yesterday」は「点」を表しましたね。その違いは何でしょうか?
先を読む前に、じっくり考えてみてください。落ち着いて考えればわかるのではないでしょうか。

気づいた人も多いと思いますが、例文のふたつ目は「現在も時計がない」ことも含んでいます。
これに対してひとつ目は「現在の状況はわからない」ということになります。ここがわかれば次の文の違いは分かるのではないでしょうか。

He went to America two years ago.
He has gone to America.

しっかり考えて答えを出してみてください。
そして、ばっちり説明できるという人たちは遠慮なく説明してみてください。対話をしながらの学習が知識を定着させるのに効果的です。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~品詞

さてこれからは、実際に授業でこの教材を使用した例を用いて話を進めていきますね。 この教材は26講構成になっていて、初めの第0講は『品詞』です。 実はこの品詞という概念が相当に厄介なようで、今までの経験 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~5文型 Part2

さて、今回は文型のポイントをもう少し見ていきましょう。 自動詞と他動詞の識別はできていますか?なかなか難しいでしょうが、英語を得点源にできるかどうか今後を左右する大切なところです。 ここからは前回のポ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞構文 Part2

来週あたりから大学入試が本格化する時期ですね。 女子大や医学部などは1月の下旬から試験が始まるところがあり、私が担当している生徒さんたちでも受験が始まっている場合もあります。 週末になると寒波が押し寄 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~動名詞

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。 以前は、家庭教師などの授業では多くの教材を持ち運び、カバンがパンクするのも辛く、肩や腕が筋肉痛になることもありました。 去年の春頃からは同僚の勧めもあって、PD …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~仮定法 Part1

ここのところ雨が多いですね。気温も落ちて寒くなってきているので、風邪を引かぬようご注意ください。 なんとなく気が滅入ってしまいそうな毎日ですが、受験生の皆さんはまだこれからが勝負ですからメンタルの管理 …