英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part2

投稿日:

さて、今回は完了時制のポイントに入りたいと思います。

前回の時制のところで触れた「直線」の時間を表すのが、完了時制です。では、ポイントをまとめましょう。
①現在完了:過去から現在までのつながりのある時間を示す
②過去完了:過去のある時点から過去のある時点までのつながりのある時間を示す
③未来完了:過去のある時点から未来のある時点までのつながりのある時間を示す
例えば、去年から今までなら現在完了、5年前から3年前までなら過去完了、3年前から来年までなら未来完了、ということになります。
教材の図をよく見て違いをしっかり理解しておきましょう。

これはそれぞれの用法の中の『継続』で考えるとすっきり理解できるのではないでしょうか。
現在完了を初めて学習した中学生などがもっとも混乱するのは『完了・結果』の用法ですね。
中身をきちんと理解していないと、過去形と同じようにしか聞こえませんし、日本語で書くと過去形と完全に同じになってしまいます。
英文で比較してみましょう。

I lost my watch yesterday.(私は昨日時計をなくした)
I have lost may watch.(私は時計をなくしてしまった)

今はあえて下の文を「なくしてしまった」と訳しましたが、正直どちらも変わりませんよね。
日本語訳はどうしても過去形っぽくなってしまうので仕方がないのですが、内容はかなり違うということをここでぜひ押さえておいてください。
ここで一番初めに触れたように、現在完了は「過去から現在までのつながりのある時間」を表します。
それに対して前回見たように、「yesterday」は「点」を表しましたね。その違いは何でしょうか?
先を読む前に、じっくり考えてみてください。落ち着いて考えればわかるのではないでしょうか。

気づいた人も多いと思いますが、例文のふたつ目は「現在も時計がない」ことも含んでいます。
これに対してひとつ目は「現在の状況はわからない」ということになります。ここがわかれば次の文の違いは分かるのではないでしょうか。

He went to America two years ago.
He has gone to America.

しっかり考えて答えを出してみてください。
そして、ばっちり説明できるという人たちは遠慮なく説明してみてください。対話をしながらの学習が知識を定着させるのに効果的です。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

過去問演習のサポート[文教大学-英語]

そろそろ大学受験の結果も出始めている時期ですね。 今年も様々な生徒さんとの出会いがありましたが、その中で扱った過去問演習から今後の受験生たちのために参考になればと考え、しばらくシリーズとして投稿を続け …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part1

今回は時制についてのポイントを紹介していきましょう。 大岩先生の教材では時制は2回にわかれています。1回目には『現在形・過去形・大過去・未来・進行形』が取り上げられています。 なかなか素敵な分類です。 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~動詞 Part1

さて、品詞については理解できたでしょうか。 次の第1講はついおろそかになりがちなbe動詞と一般動詞についてです。 今後も原則的には教材の順序にそって進めていきますが、実際の授業で一部順序を入れ変えたと …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 9月も半ばに入り、色々な面で夏の影響や効果が出てきているのではないでしょうか。学習面でも、例年に比べて短いとはいえ、夏休みで何をしたかが今後の成績に反映されてきます。 …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅹ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 以前も祝日の話で「敬老の日」について触れたことがありますが、今年の10月のカレンダーを見て、「あれ、体育の日がないぞ」と思った方は相当数いるのではないでしょうか。かく …