英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part1

投稿日:

今回は時制についてのポイントを紹介していきましょう。

大岩先生の教材では時制は2回にわかれています。1回目には『現在形・過去形・大過去・未来・進行形』が取り上げられています。
なかなか素敵な分類です。いわゆる基本時制に加えて大過去も学習すると、英語が「時」にうるさい言語だとよく分かるでしょう。
日本語とかなり違って、英語は「時」にもうるさく、日本人が作文などで間違える可能性が高いもののひとつです。
その割には意外に適当に扱っている人が多いのではないでしょうか。確かに作文は難しいですが、いわゆる選択式の問題などでは確実に得点できるようにしておきたい単元ですね。
ポイントを紹介するのがこのブログのメインですので、教材とちょっと着眼点を変えて、時を表す言葉に注目してみます。

英語の時制を考える際にもっとも鍵になるのは、時間に対するイメージです。
次回の単元にも関わることですから、先にポイントを大きく分けてまとめます。
①時間の流れの中で一時点を示す
②時間の流れの中である程度の幅がある時間を示す
言葉で書いていると今ひとつイメージがわきにくいですが、ちょっと英語で見てみましょう。

まずは①で用いられる時を示す単語・語句を並べてみましょう。
today , yesterday , tomorrow , two years ago , next week …
時間は止められませんが、仮に現在をこの瞬間に固定して考えると、上のような時間は一時点を表していると理解できるのではないでしょうか。

さて、次のような時間はどうでしょうか。こちらは②で用いられる語句です。
for two weeks , since yesterday …
①で用いられる単語・語句とは違って、現在を基準にして考えると、一時点ではなく幅があるのが理解できるのではないでしょうか。
教材の図も参考にして、そこに以上の単語・語句を書き加えてみるとより理解が深まるのではないでしょうか。

大袈裟な言い方になりますが、数学的に考えると①の時間は「点」のようなイメージ、②の時間は「直線」のようなイメージです。
逆に考えると、時制の問題だと判断できれば、まずは時を表す単語・語句をチェックし、その時が「点」と「直線」のどちらを表しているのか考えればいいということになりますね。
基本的なことになりますが、まずは時を表す言葉=単語・語句をしっかり押さえておきましょう。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞 Part1

先日話に出したタブレットがようやく入荷しました。 新しい物は概ね軽量ですが、以前のものと比べても相当軽く、しかも薄いのでさらにカバンがスリムになりますね。 スペックも当然上昇しているので、使う自分がレ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞構文 Part1

歴史的な寒波で日本全国で厳しい寒さが続きますね。奄美大島でなんと115年ぶりに雪が降ったとのことです。 115年前というとまだ明治時代です。日本史を選択している人なら何があったか分かりますよね。桂内閣 …

no image

過去問演習のサポート[文教大学2014年度英語 Part1]

私立大学の一般的な入試はほとんど終了している時期になりました。 暖かくなったり寒くなったり、急に雨が降ったり、天候が安定せず過ごしにくいかと思いますので、一層健康には注意したいですね。 受験生ではない …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~動詞 Part2

さあ、今回は、第2講のbe動詞と一般動詞の否定文・疑問文についてのお話です。 前回のbe動詞と一般動詞の区別はできていますか?区別ができていないと否定文・疑問文で混乱して、混ざったような文章を書いてし …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞 Part2

そろそろ冬休みに入っている学校も出てきましたが、受験生の皆さんにはセンター試験の受験票が届いている時期ですね。 受験会場はどこになったでしょうか。教え子から聞いてちょっと驚いたのは、国際展示場です。大 …