英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~5文型 Part2

投稿日:

さて、今回は文型のポイントをもう少し見ていきましょう。
自動詞と他動詞の識別はできていますか?なかなか難しいでしょうが、英語を得点源にできるかどうか今後を左右する大切なところです。
ここからは前回のポイントで触れなかった補語について少し考えてみましょう。

目的語と補語の区別はできていますか?ちょっと文章で考えてみてください。

He will become a doctor in the future.
He will play tennis tomorrow.

どちらの文も動詞の後ろに名詞がありますね。前回の話では動詞の直後に名詞を書ける場合は、その動詞は他動詞ということでしたが…
未来形の文ですが、この文の動詞はそれぞれ「become」と「play」です。この動詞をちょっとbe動詞に変えてみましょう。未来形でなく現在形で書きます。

He is a doctor.(○)
He is tennis.(✕)

ポイントをまとめましょう。
・動詞をbe動詞に変えても文章が成立 ⇒動詞の直後にあるものは補語
・動詞をbe動詞に変えたら文章が不成立⇒動詞の直後にあるものは目的語
教材に書かれているとおり、これを多くの人たちはイコール関係にあるという理解をします。
この「イコール」という判断は、初めは非常にわかりやすくていいのですが、いろいろな文章に触れていくと、イコールでは処理できないものが出てきます。
英語で高得点を目指したい、英語を得意にしたいという人はもう少し踏み込んで、be動詞を用いて文章が成立するかどうかで判断していくようにするといいでしょう。
ちなみに、動詞の直後に名詞があっても、それが補語の場合は、その動詞は他動詞ではなく自動詞になります。

では、次のふたつの文章の文型は識別できるでしょうか。

She gave me a present.
She made me happy.

順番で行くと第4と第5だろうな、というのはやめましょう。意外に学習していてハマりやすいのがこの手の思考です。
きちんと頭を使って考える癖をつけていくのがどの科目を学習する際にも必要です。
さて、動詞はそれぞれ「gave」「made」ですが、直後に名詞(代名詞)があって、どちらも「She was me.」とはいえないので「me」は目的語になり、どちらの動詞も他動詞ですね。
その後ろにあるものの識別ですが、イコールで考えるのを少しやめて、文章を考えてみましょう。「me」は「I」に変えます。現在形で書きますね。

I am a present.(✕)
I am happy.(○)

この際「私がプレゼントよ」なんて言わないでくださいね。ポイントをまとめましょう。
・目的語と目的語の間では文章が不成立
・目的語と補語の間では文章が成立
ちなみに、文章が成立する場合のことを、一般的に『主述関係が成り立つ』とか『主述関係がある』とか言います。

今回はかなり授業めいた様子になってしまいましたが、ここまでのポイントを整理して、もう一度教材を読み直しでみてください。
理解を手助けできれば幸いです。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞 Part2

そろそろ冬休みに入っている学校も出てきましたが、受験生の皆さんにはセンター試験の受験票が届いている時期ですね。 受験会場はどこになったでしょうか。教え子から聞いてちょっと驚いたのは、国際展示場です。大 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると ①慣用的な表現 ②過去の事柄に対する助動詞の表現 ということになります。 ①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってし …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~関係代名詞 Part3

受験生にとってはいよいよセンター試験直前になりましたね。準備は整っているでしょうか。 大学受験ともなれば自己管理・予定管理は当然と言えば当然ですが、まさかこの時期になっても試験会場がどこだか分からない …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~関係代名詞 Part5

ここ数日は横浜でもかなり冷え込んでいます。 北海道は氷点下以下のとんでもない気温になっています。私からすると想像を絶する気温です。 受験生の皆さんも、そうでない皆さんも寒さ対策をしっかりしてあと1ヶ月 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~品詞

さてこれからは、実際に授業でこの教材を使用した例を用いて話を進めていきますね。 この教材は26講構成になっていて、初めの第0講は『品詞』です。 実はこの品詞という概念が相当に厄介なようで、今までの経験 …