英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~5文型 Part1

投稿日:

勉強する生徒たちの手助けが少しでもできればと思い、この仕事を始めてから早いものでもう20年以上たちました。
その間に自分自身も修行を積み重ね(笑)、英語のスキルを磨くだけでなく、他の科目にもチラホラ手を出しています。
最近は国語を教えることが多く、この科目も修行が必要だとまざまざと感じています。

さて、それだけの期間が経過すると、受験そのものはもちろん、いわゆる『高校英語』『受験英語』も時代とともに変わっていきます。
最近の受験英語はいわゆる実用英語に相当近いもののようです。
学校の授業も英語の「古典文法」のようなものを教えることから、いかに英語を使いこなせるかにシフトしてきていますね。
実際に多くの大学が、入試問題で取り上げる文章を比較的新しいものから選ぶようになっています。
そして現在の情報社会を反映してか、非常に長い文章をいかにスピード感を持って処理するかというのが多くの入試問題の傾向です。

そうは言っても、根本は変わらないものも多いですね。20年前も今も英語を学習するには文型の理解は欠かせないでしょう。
今の教材も20年前の教材も、ほぼ初めの章に文型が配置されていることは変わっていませんからね。
特に難関大学で多く見られる非常に長い文章を処理するためには、文型の理解は欠かせないと考えられます。
英語が苦手な生徒たちにとっては、実は大変厄介な単元でもあるのですが。

文型の理解において、何が重要だと思いますか?
「目的語と補語の区別!」でしょうか。素晴らしい答えですね。
でも実は着眼点を動詞の性質に変えると、それはまさに「自動詞と他動詞の区別」なのです。
もちろん、英語的な話なので、国語と混ざらないように注意してください。英語の世界では、他動詞が圧倒的に多く存在します。
そしてこの他動詞の定義は「目的語を直接取れる(目的語が必要である)」です。
この「直接」というところにスターマークです。それくらい重要です。ちょっと文章で確認してみましょう。

I went to Kyoto last year.
I visited Kyoto last year.

内容としてはどちらもほぼ「私は昨年京都に行った」というところですが、一番の違いは何かというと『to』があるかどうかですね。
英語の表現ではこの違いがとても重要で、特に動詞の性質に関わるものとして注意が必要です。
この「to」を英語の文法では「前置詞」と言いますが、動詞の後ろにこの前置詞を置かなければ名詞を書けないのが自動詞、前置詞を置かなくても名詞を書けるのが他動詞です。
日本語で言うと「~に」に当たる部分ですが、「go」には「~に」が含まれていなく、「visit」には「~に」が含まれていると考えてもいいでしょう。

まとめると、一般的に「動詞+前置詞+名詞」の形で書かれることが多いのが自動詞、「動詞+名詞(目的語)」で書かなければならないのが他動詞です。
このポイントをしっかり押さえて教材をよく読んでみましょう。
長くなってしまったので、文型については次回もう一度ポイントを確認したいと思います。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

英文法[基礎]理解のサポート~補講(接続詞)

受験生の皆さんはセンターリサーチが返却されている時期だと思いますが、目標にしていた点数はクリアできたでしょうか。 国語の古文など易しくなったと思われるものもありますが、全体としての難度はほぼ昨年並みな …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 9月も半ばに入り、色々な面で夏の影響や効果が出てきているのではないでしょうか。学習面でも、例年に比べて短いとはいえ、夏休みで何をしたかが今後の成績に反映されてきます。 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~終わりに

2月に入ってしばらく経過し、受験生にとってはある程度入試本番を体感できている時期かと思います。 私立大学の入試は3科目というところが多いとは思いますが、各科目間のそれなりに長いインターバルの過ごし方は …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~分詞 Part1

先日話に出したタブレットがようやく入荷しました。 新しい物は概ね軽量ですが、以前のものと比べても相当軽く、しかも薄いのでさらにカバンがスリムになりますね。 スペックも当然上昇しているので、使う自分がレ …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~品詞

さてこれからは、実際に授業でこの教材を使用した例を用いて話を進めていきますね。 この教材は26講構成になっていて、初めの第0講は『品詞』です。 実はこの品詞という概念が相当に厄介なようで、今までの経験 …