英文法 英語

英文法[基礎]理解のサポート~動詞 Part2

投稿日:

さあ、今回は、第2講のbe動詞と一般動詞の否定文・疑問文についてのお話です。
前回のbe動詞と一般動詞の区別はできていますか?区別ができていないと否定文・疑問文で混乱して、混ざったような文章を書いてしまうことになります。
例えば、次のような文章はどうでしょうか。

Do you play tennis?__Yes, I am.
He isn’t play tennis.
We play not tennis.

疑問文・否定文を学習し始めた頃の人たちによく見かける間違った文章です。確かに英語を始めたばかりの人たちにとっては難しい単元だと思います。
それだけに、一番初めにしっかり区別しておかないと、そのまま根深く残ってしまうところでもあるのです。
では、ひとつ目の文章からポイントを確認しましょう。
どの先生でもよくおっしゃることですが、まず疑問文の答え方については「聞かれたものと同じ形で答える」という鉄則を徹底していきましょう。
「Yes, I am.」のほうが響きがいいなど言わないでくださいね。

そして、残りふたつの文章です。
否定文については、否定文にする前の元の文章、つまり肯定文をよく見てください。元の文章にbe動詞はありましたか?
あればbe動詞の文のルールで否定文を作り、なければ一般動詞があるはずなので、一般動詞のルールで否定文を作りましょう。
そうすると当然、疑問文の作り方にも同じことが言えますよね。それぞれのルールについては教材でしっかりチェックして、すぐに答えられるようにしておきましょう。

教材ではもう少し話を進めて否定疑問文も出てきていますね。
こいつは日本語とかなり違って答え方が厄介です。この教材ではその点には触れていませんが、高校生用の教材で補っておいたほうが良いでしょう。

繰り返しになりますが、最初に徹底しておかないと根深く残ってしまう単元ですから、あまりナメたりはせずしっかり練習して身につけてくださいね。
中学生用の問題集を解くのが一番効率的だと思われますから、不安な場合は遠慮なく相談していただければ幸いです。

さて、ここまでの話はあくまでも基礎中の基礎、ということで助動詞などがあることは考えていませんが、念のため書き添えておきます。
教材でも触れていますが、一般動詞の否定文・疑問文を作る際に用いる「do」「does」は助動詞ですが、上記の助動詞とはそれ以外の助動詞のことです。

-英文法, 英語

執筆者:

関連記事

no image

過去問演習のサポート[文教大学2014年度英語 Part2]

今日で国公立の前期試験が終了しました。 今後残っている入試はいわゆる2次募集的なものです。大学によっては「後期」「3月入試」などと名前をつけています。 どうしても第一志望にという受験生も多いですから、 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~時制 Part1

今回は時制についてのポイントを紹介していきましょう。 大岩先生の教材では時制は2回にわかれています。1回目には『現在形・過去形・大過去・未来・進行形』が取り上げられています。 なかなか素敵な分類です。 …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~不定詞 Part2

こんにちは。 12月に入ったところですが、今から寒い日が続きますね。本格的に寒くなるのはもう少し後と思うとゾッとします。 例年よりも寒い気がしますが気のせいでしょうか。 高校は定期テスト真っ只中という …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅹ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 以前も祝日の話で「敬老の日」について触れたことがありますが、今年の10月のカレンダーを見て、「あれ、体育の日がないぞ」と思った方は相当数いるのではないでしょうか。かく …

no image

英文法[基礎]理解のサポート~助動詞 Part2

助動詞2回目はポイントがふたつあります。大きくまとめると ①慣用的な表現 ②過去の事柄に対する助動詞の表現 ということになります。 ①についてはまさに知識事項の繰り返しになり、教材の焼き直しになってし …