大学受験

センター試験、廃止へ

投稿日:

本日、政府の教育再生実行会議は大学入試センター試験を廃止し、新たに「達成度テスト(仮称)」を創設する方針を固めました。

この「達成度テスト」は"基礎"と"発展"の二段階に分けられ、高校在学中に複数回受験できるようになる模様です。

基礎レベルの特徴・用途は以下のとおりです。

『高校での学習達成度の把握』
『推薦・AO入試の学力判定に利用』

発展レベルの特徴・用途は以下のとおりです。

『大学が求める学力判定に利用』
『1点きざみではなく、レベルごとに段階表示』
『大学受験での基礎資格的な利用』

今の段階では、各大学がどのようにこれらを利用するのかは不明ですが、一般受験では"発展レベル"を指定して受験させるのでしょうか。
そして、「レベル××以上で受験資格」などと決め、足切りに使うというのがイメージしやすいです。

複数回受験可能というのは、ありがたいシステムに思えますが、これだと私立と公立の間の差がはっきりと出てきます。
一般に中高一貫の私立高校では、高校2年生の間に受験での範囲が終了し、高校3年生では受験勉強を行います。
ですが、公立高校では、受験ギリギリまで範囲が終わらない学校も多く存在します。

試験の出来不出来がある程度は確率に左右されるとして、複数回受験可能とすると、回数を多く受けられる私立高校の生徒の方が有利になるはずです。
こうなると格差の固定を呼んでしまう可能性が高くなりますから、それをいかにして回避するか、しっかりとした制度設計が必要でしょう。

また、平行して大学の出口での改革も必要でしょう。
特に文系では、大学を卒業しさえすればOKという状態で、在学中に何を学んだのかを評価してくれる企業は少ないのです。
本来自由競争であるべきところに、政府が介入するのは好ましくありませんが、もう少し健康な状態にするためにも、口を出すべきでしょう。

今日はこれで終わりです。
また続報などが入りましたら、ここで取り上げたいと思います。
その際はまたよろしくお願いいたします。

それでは。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【センター試験】国語第2問:小説の傾向と対策

前回まで、センター試験の現代文の特徴と第1問である評論の傾向と対策をまとめてきました。 3回目の今日は、第2問の『小説』について、傾向と対策を見ていきたいと思います。 1.第2問:小説の構成 問1…語 …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅵ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 9月も半ばに入り、色々な面で夏の影響や効果が出てきているのではないでしょうか。学習面でも、例年に比べて短いとはいえ、夏休みで何をしたかが今後の成績に反映されてきます。 …

no image

新年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。ナンバー・ゼロです。 令和初の新年が明け、センター試験が迫ってきました。受験生の皆さんにとっては、お正月も受験勉強に取り組み、普段と変わらない生活をしていることかと思い …

no image

私立文系での政治・経済受験

以前、「私立文系での数学受験」という記事を書きました。 これがなかなか好評でしたので、今日は『政治・経済』について書いてみたいと思います。 題して、第二弾「私立文系での政治・経済受験」です。 一般的な …

no image

高2向け数学IAの復習(その2)

こんにちは。 今日は昨日に続いて、高校2年生向けの「数学IAの復習」について書きたいと思います。 今日は具体的にいくつかパターン分けして、復習方法を提示したいと思います。 まず、以下の3パターンに分け …