大学受験

国公立2次試験廃止?

投稿日:

国公立大学の2次試験で学力試験を廃止し、面接などでの"人物評価"に切り替える方向で検討が行われるとの報道がありました。要約すると、「学力試験は1次試験のみ(センターを元にした新テスト)で、2次試験は面接を行う」ということです。
入試制度も時代と共に変わっていきますから、それに対して無条件に反対することは避けるべきでしょう。

確かに知識偏重であることは好ましいことではありませんし、重箱の隅をつつくような問題は意味がありません。
知識は基本的なものにおさえ、その運用力を試す試験であることが望ましいのはよく分かります。

ですが、そもそも大学って何のための場所なのかを考えるべきでしょう。
あくまでも研究のための場所であり、教育が最重要視されるような場所ではないはずです。
そこに入るための試験のハードルを下げるというのは、大学の低レベル化を招いてしまう気がするのですが・・・
確かに知識偏重は好ましくありませんが、ある程度のレベルを担保するにはある程度の知識水準は必要であるはずです。
それを"ゆとり教育"を通して学んだはずなのですが、どうしたものか。

また、面接で"人物評価"を行うことがいかに難しいかという話もあります。
結局ここでも面接のテクニックなどが重視されることになりますから、それと知識偏重とでは大差ないのではと思ってしまいます。
まずもって、その公平性を担保することが困難ですよね、コネを完全に排除することは難しいですし。

こうなったらいっそのこと、国公立大学を二種類に分類してしまえばよいのではないでしょうか。
『研究を重視する大学』と『教育を重視する大学』と分け、前者では今まで通りに入試を行い、後者では学力試験廃止とします。
加えて、『研究を重視する大学』では手厚い奨学金を使えるようにする、と。これはある意味国の将来への投資ですね。

おそらく、これから様々な意見が上がってくると思われます。
その議論の中で、洗練された新しい制度が持ち上がってくることを祈ります。

今日はこの辺りで失礼します。
それではまた。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅸ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ここのところ朝晩はようやく涼しくなり、エアコンなしでも快適に過ごせるようになりましたね。とはいっても、日中の気温はまだまだ25℃を超える日もあり、汗かきの私など、外に …

no image

平成27年度(2015年度)センター試験の数学IA(その2)

今日は昨日の続きで、数学IAがセンター試験においてどのように変化するかについてまとめていきます。(前日の記事はこちら) 昨日は数学Aでの単元選択の話を書きましたので、今日は「数学Aをどのように学習すべ …

no image

英語の過去問分析

こんにちは。 今日は梅雨のぶり返しのような雨です。しとしと降っています。 現在水不足が懸念されていますから、それがこの雨で少しでも解消することを願ってやみません。 今日は大学受験生の過去問分析について …

no image

大学受験英語のテーマ(私立大学編)

昨日の国公立大学編に続きまして、今日は私立大学編をお届けします。 対象とするのは、私立大学の最難関である早稲田大学・慶應義塾大学です。 私立の両雄である早稲田と慶應ですが、その英語は大きく異なります。 …

no image

夏も準備が大切

こんにちは。今日は暑さもほどほどで、この時期にしては過ごしやすい気がします。 天気予報では「激しい暴風の可能性」と脅しをかけてきていますが、はてさてどうでしょうか? 中高生のみなさんはもう期末テストも …