大学受験

マーク模試のエッセンス(英語)

投稿日:

こんにちは。なんとなくですが暑さも落ち着いた感があり、過ごしやすくなってきました。
少しずつ秋に近づいていくのでしょうか、それとも・・・

夏にはいくつか模試があり、高3生にかぎらず高1・2生でも受けている人が多いと思います。
基本的に模試は記述形式ですが、3年生になると(正確には2年の冬ですが)、センターを意識したマーク模試が始まります。

マーク模試と記述模試の違いは当然いろいろとありますが、まず受験生が最初にぶち当たる壁は、「時間の壁」でしょう。
同じ"出来ない"でも、記述模試は『問題が難しいから』で、マーク模試は『時間が足りないから』であるケースが多いです。
そもそもセンター模試は時間制限が厳しい模試であり、それに合わせた模試ですから、当然と言えば当然です。

今日はマーク模試の中で、『英語』での時間の使い方をサラッとまとめてみます。
過激なまでにシンプルですので、是非トライしてみてください(笑)


まず前提として、「時間さえあれば長文は読める」というレベルであることです。じっくりと読めば、満点とは言わずとも8割くらいは取れるという人向けです。
※「時間をかけてもちょっと厳しい・・・」という人については別の機会に触れます。


やることはシンプルで、"長文から先にやる"ということです。
時間はかかるが、解きやすく、得点につながると考えると、第4~6問に時間を優先的に使うべきです。
第3問は時間を浪費しがちなので、見切るタイミングが難しいですね。

「じゃあ文法はどうするの?」という話になりますが、あれは残った時間でサクサクッとやってください。
第1問と第2問は瞬発力で解けますし、問題が単発ですから、それほど集中力を必要としません。
それに対して、長文は集中して最後まで読み続ける必要がありますから、頭がフレッシュな前半にやるべきなのです。
第2問の文法・語法は秒殺できるくらいになっていないと8割~9割の高得点は狙えません。
ネクステやアプグレを回しておけば、十分に対応可です。

今日はこれで終わりです。
模試も中盤になってきて、いよいよ受験シーズン到来という感じです。
こういう差し迫ったところで気合いが入るのは、おそらくスラムダンクの影響でしょう(^_^;)
疲れますが、何とも言えない充実感がありますのでね。。。

それではまた。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

赤本と青本

こんにちは。 夏に行われた模試も返ってきて、受験生の意識も変わってくる時期です。 このブログでも何回か触れていますが、受験生の皆さんはもう過去問を入手していますか? まだという人は早めに買いそろえてお …

no image

今でも解ける大学入試数学【その1】

もう3月も下旬に入りました。暖かくなってきましたが、みなさまの町では桜は咲きましたでしょうか? ここ横浜ではもう開花しているとのことですが、私はまだ目にしておりません。 さて、現在国公立大学入試後期試 …

no image

夏休みにやっておきたいこと~英語編

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今年は夏休みと言えるほどの長さの休みがあるかどうかは、学校によって微妙なところですが、今のところ大学受験のスケジュールは例年通りであると発表され、その後、特に変更はさ …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅹ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 以前も祝日の話で「敬老の日」について触れたことがありますが、今年の10月のカレンダーを見て、「あれ、体育の日がないぞ」と思った方は相当数いるのではないでしょうか。かく …

no image

大学入試 異例のシーズン

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 今回の記事のタイトルですが、読売新聞2020年9月28日の夕刊からそのまま引用させていただきました。以下、引用部分は『』を付して掲載します。 もちろん、『異例』の原因 …