大学受験

早稲田と慶応(その1)

投稿日:

早稲田大学慶應義塾大学と言えば、押しも押されもしない私立最難関であり、国立を含めてもトップクラスの学生が集まる大学です。
両大学とも創立から100年以上経っており、政財界に大きなパイプを持ち、卒業生はさまざまな業界で活躍しています。
おそらくその名前を聞いたことのない受験生はいないでしょう。

ひとくくりにして「早慶」と呼びますが、雰囲気や思考はそれぞれ独特なものを持っています。
(ちなみに慶応の中の人は、「慶早」と呼んだりもします。)
違いはあるものの、この両大学をW受験する受験生は多く、その両方に合格する人も少なくありません。
W合格した人はどちらに進学するかを選択しなければなりませんが、その選択結果を見ると両大学の今の位置関係が見えてきます。
それに関して、次のような週刊誌の記事がありました。
※実際の記事や記事中のデータは週刊誌を購入してご覧下さいませ。


難関大W合格で受験生が選んだ「本命」大学-慶應の背中が遠くなる早稲田 (サンデー毎日 2013/7/21号)

この記事では、『早稲田と慶応にW合格した人は慶応を選択する傾向が強くなっている』と述べています。
両大学の看板学部である、早稲田の政経と慶応の経済こそ僅差になっていますが、全ての学部学科で慶応が優勢です。
法学部や商学部では、8~9割が慶応を選択しており、早稲田の伝統である文学部系統でもその傾向が強いことに驚きを隠せません。

私が受験した10年ほど前の時点では、慶応が早稲田に追いついて抜きかけている状態でした。
ですがこの5年くらいで大分明確な差が付いてきた印象があります。

断っておきますが、どちらの大学を選んだとしても、充実した学生生活が送れることは間違いありません。
実際に通っている学生のレベルや質には差はなく、どちらの学生も大変優秀です。

しかも、偏差値に至っては早稲田の方が高いくらいです。
それなのにどうしてこのような数字が出てきたのでしょうか?

実はこのデータには大切な前提があり、それを踏まえないことには本質は見えてきません。
明日はその“前提”を踏まえ、このデータの読み方を考えていきます。

きっと上記の現状を理解するヒントになると思いますので、ぜひお読み下さい。

よろしくお願いします。

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

数学インプレッション 京都大(2014-文系)後半

数学インプレッション(京都大学文系-後半) こんにちは、ナンバー・ゼロです。 今日は数学インプレッション第5回として、京都大学(文系)の後半をお送りします。 ではここでもう一度全体像をチェックしておき …

no image

共通テストプレテスト分析(Ⅴ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 ついに9月、響は秋というところでしょうが、ここ最近は9月になっても連日30℃越えということも珍しくなく、残暑というよりは夏の続き、夏が延びたという印象ですね。気候学者 …

no image

共通テストとは(Ⅰ)

こんにちは。ナンバー・ゼロです。 まだまだコロナウイルスの感染状況は予断を許さない状況ではありますが、そろそろ社会・経済活動も戻りつつあるかと思うので、来たるべき入試に向けて対策を講じていかなければな …

no image

最後の追い込み2021

おはようございます。ナンバー・ゼロです。 毎年恒例になっている2/1の投稿です。内容もほぼ例年変わらないので、前年の記事をまずコピーして、一部を修正しつつ掲載しています。 早いものでナンバー・ゼロとし …

no image

珍事

もう国公立大学の倍率がほぼ確定しています。概して予想通りで、難関大学、特に文系は志願者減でしたね。 しかしながら、国公立の倍率は私立の倍率とは意味が異なりますので、楽な受験にはなりません。 入学辞退者 …