テキスト

日本史10分ドリル

投稿日:

今週の教材は、代々木ライブラリーの「日本史10分ドリル」です。
この教材は参考書ではなく問題集です。ただ、“ドリル”という形式は珍しいので、取り上げました。
社会の学習に限りませんが、学習では『インプット』と同等に『アウトプット』も重要です。
この教材を日々の学習のチェックに使えば、記憶の定着具合も向上するでしょう。
“10分”と銘打たれていますので、負担無く使える教材になっています。

ご購入はこちらからどうぞ→日本史10分ドリル―代々木ゼミナール [単行本] / 菅野 祐孝


1.特徴
日本史を90単元に分けて各単元に1ページを割り当てています。
問題形式は選択も語句記述も併用した形式になっており、各単元に1問から2問難しめの問題が含まれています。
これは、難しい問題、つまり入試レベルの問題に触れることで、モチベーションを上げようという著者の意図になっています。

また、別冊付録で「試験会場必携 日本史ポイント集」がついています。
名前の通り、日本史のポイントを単元毎にまとめた冊子で、これも使いようによっては便利に使えるでしょう。

2.長所
特徴の項でも触れましたが、レベルの高い問題が混ざっていることが一つの利点です。
易しい問題ばかりやっていると、模試や過去問に触れたときにそのギャップに打ちのめされてしまいます。
ですので、日頃から少しは触れておくべきでしょう。

また、別冊のポイント集は、ノートまとめにも使えそうです。
高校2年生の時点であれば、この冊子を参考にしてノートづくりをしてもいいでしょう。
ただ、高校3年生はやめておきましょう。それをしていたら入試に間に合いません。

3.短所
この教材の用途・目的を考えると、特に短所と言えるところは見当たりません。
要望としては、同じ菅野先生の著書「日本史オール・イン・ワン」との対応表が付いていると便利だと思います。
表紙のデザインも揃っていますし、併用する人は多いでしょう。
その時に両教材の対応の仕方が分かっていると、とても効率が良いでしょう。
(現在作成中ですので、公開に値するレベルになりましたら、公開します)

今日はこれで終わりです。
もう夏休みがすぐそこまで来ています。
みなさん遊びに勉強にと忙しいと思いますが、この暑さで倒れないように気をつけてくださいね。
気を抜くとあっという間に熱中症になってしまいますので(^^;)

それでは今週もよろしくお願いします。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

10日あればいい 大学入試 短期集中ゼミシリーズ

今日から定期的に、おすすめの市販教材について紹介していきたいと思います。 この10年くらいの間に受験参考書のバラエティは大変豊かになり、自学自習を志す受験生にとって素晴らしい時代になりました。 ですが …

no image

ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B

今週の教材は、「ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B」です。 以前、同シリーズの数学Ⅰ・Aを紹介しましたが、今回はその続編です。(数学Ⅰ・Aの記事はこちら) 位置づけは前回と変わらず基礎定着を目標と …

no image

4STEP 数学ⅡB研究[数B第3章:数列]

昨日に続けて、今日も数研出版「4STEP」の変更点をみていきます。 八回目の今日は、数学Bの第3章「数列」です。 長らく続いた4STEPシリーズも、とりあえずは今日が最終回になります。 数列では大きな …

no image

ことばはちからダ!

今週の教材は、河合出版の「ことばはちからダ!現代文キーワード-入試現代文最重要キ-ワ-ド20-」です。 この教材は、入試現代文で使われる語彙について、重要なものをまとめたものです。 例えば「概念」や「 …

no image

「英文読解入門 基本はここだ!」進度管理リスト

今日はちょっと趣を変えて、教材の使い方について書きます。 一冊の教材を繰り返し学習していくことは重要です。 ですが、もう出来る単元や理解している単元を何回も繰り返すことは時間の無駄になってしまいます。 …