テキスト

4STEP 数学ⅡB研究[数B第1・2章:ベクトル]

投稿日:

久しぶりのシリーズになりますが、今日は数研出版「4STEP」の変更点をみていきます。
七回目の今日は、数学Bの第1・2章「平面上のベクトル」と「空間ベクトル」です。

数学Bは初回ですが、今までと変わらず、特に追加された単元や内容はありません。
ということは、あったとしてもかなり細かい変化になりますので、神経を使いそうです(–;)

旧課程と変わらず、ベクトルは重要な単元ですから、重点的に勉強しましょう。
ベクトルも数列も苦手、となると数学はなかなか厳しい科目になってしまいますからね。


第1章「平面上のベクトル」

まず、旧課程の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…35
STEP B(標準)…46
発展問題…3
=============
問題数合計…84

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…35
STEP B(標準)…46
発展問題…3
=============
問題数合計…84

問題数はぴったり同じですね。
ですが、全く同じ構成になっているわけではなく、単元の組み替えがありました。
具体的に言いますと、旧課程では“ベクトルと図形”という単元に含まれていた「三角形の面積」が“ベクトルの内積”という単元に移動しました。
他には特に変化はなさそうで、その結果、『順番が変わっただけで、内容は同じ』と言えそうです。

第2章「空間ベクトル」

まず、旧課程の問題構成を見てみます。

STEP A(基本)…27
STEP B(標準)…34
発展問題…7
=============
問題数合計…68

これに対し、新課程の問題構成は以下のようになっています。

STEP A(基本)…26
STEP B(標準)…31
発展問題…7
=============
問題数合計…65

問題数は若干減少です。
これは主に、旧課程の“空間の基本的図形”という単元がカットされているためです。
この単元は、空間の点の座標の表し方、つまり(x,y,z)に慣れるためのものだったのですが、無くなりました。
つまり、導入の問題が減ったわけですが、『ベクトル』の問題と考えたときには特に影響は無いでしょう。
単なる点の座標の表し方の練習であり、ベクトルの問題ではなかったわけですから。

その他は大きな変化はなく、無風地帯と言えそうです。
まあ教育課程上も特に変化はありませんでしたから、当然と言えば当然なのですが。

今日はこれで終わりです。
次回は最終回の「数列」です。
数列は教科書の内容と入試問題とでかなりの乖離があり、頭痛の種になっている単元です。
それを放っておくのは好ましくないはずですから、ここは何かしら変化がありそうです。
というわけで少し期待しています(^^)

それではまた。

-テキスト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「英文読解入門 基本はここだ!」進度管理リスト

今日はちょっと趣を変えて、教材の使い方について書きます。 一冊の教材を繰り返し学習していくことは重要です。 ですが、もう出来る単元や理解している単元を何回も繰り返すことは時間の無駄になってしまいます。 …

no image

倫理・哲学の特別講義

今週の教材は、学研の「倫理・哲学の特別講義」です。 以前、同シリーズの“経済”を取り上げましたが、今日はその“倫理”版です。 大学受験での倫理に登場してくる思想を分かりやすくまとめた新書サイズの参考書 …

no image

30日完成スピードマスター世界史問題集世界史B

今週の教材は、山川出版社の「30日完成スピードマスター 世界史B 」です。 これは一問一答を補完する形式の「流れ系」の問題集です。 よく「点をつないで線にする」と言いますが、その一環を担うものです。 …

no image

ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B

今週の教材は、「ドラゴン桜式 数学力ドリル 数学Ⅱ・B」です。 以前、同シリーズの数学Ⅰ・Aを紹介しましたが、今回はその続編です。(数学Ⅰ・Aの記事はこちら) 位置づけは前回と変わらず基礎定着を目標と …

no image

数学I・A BASIC 100

今週の教材は、駿台文庫の「数学I・A BASIC 100」です。 これは新課程対応ですので、現在の高校1・2年生向けの教材になります。ご注意ください。 どのような教材かと言いますと、「短期間で数学ⅠA …