時事問題

2100年、世界人口は100億人突破?

投稿日:

7月13日に国連が発行した「世界人口白書」によると、世界人口は2050年で96億人、2100年には109億人に達すると予測されているそうです。
2011年時点での予測では2100年には100億人に達するとなっていましたから、1割くらい上方修正されています。
2013年時点ではだいたい71億人ですから、90年で5割くらい増える計算です。すさまじいですね。

このように人口が増えていくと、「仲間がたくさん出来た、ばんざい」と単純に喜んでいるわけにもいきません。
人口が増えてくると様々なトラブルが生まれますが、最大の問題は“食糧問題”でしょう。


イギリスの経済学者マルサスは次のように言いました。

「食料は算術級数的にしか増加しないが、人口は幾何級数的に増加する。」

これは『食料は“足し算”でしか増えないが、人口は“掛け算”で増える。』という意味です。
つまり、『食料増加<人口増加』となるわけで、その結果、不足分の食糧を入手しようと、争いが起きるのです。
※これはかなりザックリと書いています。詳しくはマルサスの著書「人口論」をお読みください。

こうなってくるとですね、やはり地球全体の規模でこの人口問題に取り組む必要はあるわけです。
食料は急激には増えませんし、人口も急激には減りません。
ですから、早い段階で枠組みを作り、全ての国が足並みを揃えることが必要でしょう。
まあ、それがとても難しいことなんですけれども。

今日はこれで終わりです。
明日は、今日の流れを受けて、世界人口が歴史的にどのように推移してきたかを見てみたいと思います。

それでは。

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

今週の時事問題(3月第5週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は3月第5週の時事問題です。 私が住んでいる地域ではもう桜もかなり開花して、十分にお花見を楽しめそうな雰囲気ですが、皆様の地域はいかがでしょうか。 明日は …

no image

今週の時事問題(3月第3週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は3月第3週の時事問題です。 だいぶ暖かくなって、めっきり春っぽくなりましたね。 それと同時に花粉も全開で、鼻セレブが手放せない時期にもなってしまいました …

no image

経済ってなんだろう【円安編】

5月中旬になって一気に円安が進み、1ドル100円の壁を超えて、この記事を書いている時点で102円まで進んでいます。 エコノミストには、今後円安はさらに進み、今年度末には1ドル110円までいくと考える人 …

no image

今週の時事問題(12月第3週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は12月第3週の時事問題です。 年末にさしかかりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 世の中を見渡せば、来年早々に始まる通常国会にむけて、政治は休 …

no image

世界経済の波に揺られる

昨年11月に、自民党政権の成立が確実視された辺りから、日本の株価は上がり続けていました。 当初9,000円辺りだった株価は、半年ほどで15,000円を越えました。 株価が1.5倍にまで膨らんだと言うこ …