時事問題

サッカーと経済

投稿日:

先日、『今期から香川真司選手が所属するイングランドの名門マンチェスターユナイテッド(マンU)で、26年間監督を務めたファーガソン監督が退任する』というニュースがありました。
今日はこのニュースについて触れてみたいと思います。

サッカーは世界的スポーツであり、世界で最も人気のあるスポーツと言われます。
サッカーワールドカップは視聴者数でオリンピックをしのぐ規模であり、商業面でもさまざまなCMにサッカー選手が登場します。
欧州のサッカークラブには株式を上場しているところもあり、もはや一般企業と同様に扱っても間違いではないでしょう。

マンUはアメリカ人のマルコム・グレーザーに買収されてはいますが、高いブランド価値を誇っており、そのブランド価値は30億ドルとも言われます。
その背景には、「世界で最もファンの多いサッカークラブ(推定:6億6000万人)」と言われる抜群の人気度があるのですが、今回のファーガソン監督退任のニュースはクラブのブランド価値に小さくない影響を与えたようです。


ファーガソン監督はマンUの監督というより、イングランドのサッカーの象徴でもありました。
(実はファーガソン監督自身はスコットランド出身なのですが…)
正直、私は他の人がマンUを指揮しているシーンをイメージできないですが、他の方も同様だと思います。

で、ここから経済です。
世界中の方が同じように思い、今後のマンUが心配だと思ったわけです。
そうなると、悲観した人はマンUの株式を手放します。(つまり、売ってしまうのです。)
すると、マンUの株式は人気が無くなるわけですから、それまでの株価よりも下がります。
結果、マンUの株価は一時的に約5%下落したそうです。
これがどのくらいの規模かというと、マンUの株式の時価総額が大体3000億円くらいですから、ファーガソン監督の退任によって150億円ほど価値が下がったと考えられます。
150億円とはまたすごい金額ですが、それはファーガソン監督の重要性を示す数字でもあるのです。
サッカーはスポーツではありますが、単なるスポーツではなく、経済にも大きな影響を与えるスポーツなのですね。

今日はこれで終わりです。
私としては、マンUの株価以上に来シーズンの香川選手の処遇が気になります(–;)
新しい監督が香川選手を重用してくれるといいなぁと願っています。

それではまた来週。。。

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

かみ合わない議論

こんにちは。 早いものでもう金曜日…この一週間はとても短く感じられました。 日曜日は参議院選で、テレビも特番ばかりになるのでしょうか。 一つ楽しみにしているアニメがあるのですけど、放送されるのか心配で …

no image

経済ってなんだろう【TPP編その2】

今日は先日の『経済ってなんだろう【TPP編その1】』に引き続き、その2をお送りします。 前回は「自由貿易とは何か、そして、どのようなメリットがあるのか」をお話ししました。 今回は「ではTPPは日本にど …

no image

ミステリアス・プラネット

メキシコのユカタン半島で、スロベニアの考古学者が新しいマヤ文明の遺跡を発見したというニュースがありました。 マヤ文明というのは、紀元前400年から16世紀ごろにメキシコ南部周辺で栄えた文明です。 一昨 …

no image

今週の時事問題(11月第4週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は11月第4週の時事問題です。 早いもので11月もあと少しです。 最近はめっきり寒くなり、北海道ではもう雪が積もっている模様。 年賀状という文字を目にする …

no image

今週の時事問題(12月第4週)

みなさんこんにちは、ナンバー・ゼロです。 今回は12月第4週の時事問題です。 日付的には今日がクリスマス・イブということですが、このブログは平常運転です。 そんなことよりも、一週間後は大晦日だという事 …